『恋人たちの予感』が出来るまで ノーラ・エフロン

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


『恋人たちの予感』の脚本家であるノーラ・エフロンが亡くなって2年が過ぎた。

英デイリー・メールが彼女の仕事を振り返る記事を特集している。

 

ノーラ自身の告白を基にしている記事だが、はじまりは1984年10月、エージェントだったロブ・ライナーとプロデュースのパートナーだったアンドリュー・シェインマンに昼食に誘われた日のこと。

最初にロブとアンディの二人は、弁護士の映画の話を提案した。

内容は忘れてしまったが、まったく興味を持てなかったらしい。

どうしてこの映画の案に自分を呼んだのかも不思議だった。

 

はっきりと興味ないと伝えるか、1時間ほどは興味があるふりをして話を聞き続けるか。

彼女は前者を選んだ。

 

それから1時間は自分たち自身の話をした。

実際はロブとアンディの話だった。

 

ロブは離婚を経験していて、アンディは独身だった。

ランチが終わった段階で、映画のアイディアは何もなかった。ただ、次にNYで会おうという話になった。

 

1ヶ月後、NY。

ノーラはいくつかのアイディアを持ち寄ったが、覚えていない。

途中でロブがあるアイディアを出してきた。

男と女の友人の話。友人として仲が良いが、行為をすればその関係が崩れてしまう。でも、二人はしてしまう。

まさに『恋人たちの予感』だ。

 

ノーラは「やろう!」と言った。





2月になりNYでまたいろいろ話し合った。

そのときロブが言ったアイディアは、「二人がやったら、ベッドから出て、家へ帰る」。

「男はいつだって女と寝たいと思っている。どんな女でもね」(冒頭、空港に向かうシーンでハリーがサリーに語るシーン)


三人は友情について、恋人について、人生について何度も語り合った。

 

ロブは変わった人だった。おかしなことをして笑っていると思えば、落ち込むときはひどく落ち込む。

どれだけひどく落ち込んだかを延々と話すこともできる。

「女性はメイクをベースに生きてるだろ。俺は憂鬱をベースに生きてる」

 

最初の脚本はだいだい良かった。でもところどころ変なところがある。

「あー、ロブが落ち込んでたのね」

 

そして、そんなロブがハリーそのものだった。

 

ハリーはサリーよりもいい人間だと信じている。

「君はNYに住んでいる。君には何も起こらない。誰にも出会わないし、誰にもならない。そのうち、多くのニューヨーカーの死の一つになる。2週間誰にも発見されないよ」

そして、こんな考え方もする。

「空港に誰かを送るってのは、関係のはじまりだね」

 

ノーラはロブをベースとしたハリーと向き合った。

ハリーが落ち込むと、サリーが元気づける。

超楽観主義で。

それはノーラそのものだった。

 

サリーはコントロールするのが好き。

だから恋愛もコントロールしたい(ハリーに関してはできていない)。

必然的に、食べ物もコントロールしたくなる。

ノーラはやっぱり食べ物に関する書き物が多く、唯一のエキスパートと言える部分だ。

 

だからといって、あの冒頭のカフェのシーンを入れようとノーラが言ったわけではない。

ある日、三人でランチを食べていた。

サンドイッチを食べるのに、マヨネーズが欲しかったし、パンは少し焼いてほしかった。

ベーコン・クリスプも欲しかった。

こんな感じで、自分の食べたいものをウェイターに伝える様子を見て、二人が脚本に追加しようと勧めたのだ。

あのサリーの長台詞(5年後に飛行機でもやる)。

 

 

1988年8月、撮影は始まった。

最初のランチから4年が経っていた。

 

 

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2739402/How-Harry-Sally-taught-MEN-real-fakers-friendship-Continuing-uproarious-series-razor-sharp-wit-THAT-famous-restaurant-scene.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: