乳幼児の昼寝時の死亡 13パーセントがソファで起こる

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


More ABC news videos | ABC Entertainment News

 

乳幼児が睡眠中に死亡する事故は跡を絶たないが、その原因として最新の研究結果が「ソファ」の存在を唱えている。

アメリカのジェニファー・アシュトン博士の8年間の研究によると、睡眠時の乳幼児の死の13パーセントがソファで起こっていた。

 

なぜソファの睡眠で赤ちゃんが死亡するのか。

それは、ほとんどが呼吸の問題だ。

 

そのため、アシュトン博士は予防法を提案している。

まず、柔らかい枕を使わないこと。

重たい掛け布団を使わないこと。





うつぶせにしないこと。横向きにしないこと。

 

シンプルな方法だが、子供の昼寝でソファに…という母親は多いはず。

冬の時期は布団を使う人もいるかもしれないので、気をつけたい。

 

 

 

 

 

Similar Posts: