ジャック・ザ・リッパー殺害犯人のDNA判定は間違い?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2798856/claim-jack-ripper-unmasked-dna-evidence-polish-immigrant-barber-wrong-say-experts.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2798856/claim-jack-ripper-unmasked-dna-evidence-polish-immigrant-barber-wrong-say-experts.html

 

ヤリ・ロウレネン博士は、歴史的な事件現場からDNA鑑定で犯人を突き止める専門家。

そうなると、やはりジャック・ザ・リッパー事件を扱ってほしいと思うが、ついに犯人を特定したという。

彼は被害者の一人のショールを分析し、ある男性の子孫のDNAと照合。





その男性とショールに何らかの関係があることを突き止めた。

 

 

男性の名は、アーロン・コミンスキ。

ポーランド移民で、兄弟姉妹4人とともにグリーンフィールド・ストリートに住んでいた。

そこは、第三の犠牲者エリザベス・ストライドの殺害現場のすぐ近くだった。

ショーンはキャサリン・エドウズという女性被害者のもので、2007年にオークションで落札。

DNA検査で彼女のものであることが確認されたのち、一部がコミンスキの妹の子孫と一致したと発表した。

 

 

しかし、DNAの専門家が、「彼の調査結果は間違いだ」と主張しはじめた。

あくまで専門的なことだが、小数点の打ち方に間違いがあるらしい。

犯人がついに特定されたかと思いきや、それを覆す主張が出てくる…。

ジャック・ザ・リッパーのいつもの流れである。

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。