国際宇宙ステーション修理作業中に映っていた謎の物体

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

国際宇宙ステーションの宇宙遊泳による修理作業がYoutubeにアップされた。

日付は10月7日。

この日、もしかすると地球のまわりをアンナイデンティファイドなフライングソーサーが飛んでいたかもしれない。

 

アップされたYoutube画像を見たユーザーたちはすぐに気づいた。

宇宙空間に謎の飛行体が映っていたのだ。

 

ただし、こんな近くに留まるだろうかと疑念は残る。

たしかに何かが映っているのは間違いないから、放っておく問題ではないと思う。

 

可能性として、国際宇宙ステーションに近づいた補給船ではないかという説がある。





実際にスペースXドラゴンという船が9月23日に到着し、2日ほど追跡していた。

しかし、撮影されたのは7日で、物体はドッキングしている様子がない。

 

あとは、レンズの反射。太陽光などの強い光があったとき、レンズの反射が映り込む。

しかし、物体の形から見てその可能性は低いという。

 

やはり謎だ。未確認な飛行物体であることは間違いない。

 

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。