「ウルヴァリンとバットマンをやりたかった」キアヌ・リーブス

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


新作『John Wick』でリタイアした暗殺者の復讐劇を演じるキアヌ・リーブス。

彼がその新作についてのインタビューで、「メジャー・スタジオ作品の出演」について聞かれた。

キアヌが小さいスタジオの小予算映画を選ぶようにしていると、誰もが感じていたからだ。

しかし、答えは意外だった。

「そんなことはないよ」

 

『47 Ronin』まで、実際ビッグ・スタジオから声がかからなかったという。

「そんな状況は良くはない。やっぱりビッグ・スタジオだからクリエイトできる世界がある」と50歳になった彼は語る。

ここ10年のビッグムービーにも彼なりの想いがあった。

「ウルバリンをやりたかった。それに、ダークナイトでバットマンもやりたかった」

 

彼が『マイ・プライベート・アイダホ』に出ていたころは、インディペンデントを良しとする風潮があった。

だから彼もグランジ・ファッションで若者らしく砕けていた。

リバーは相変わらず低予算に出ていたが、『インディ・ジョーンズ』といった大作や、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の撮影でメジャーへの進出を断れなくなっていた。





 

そして、リバーの死。

 

気づくと、キアヌらしくないアクション映画『スピード』で一躍スターとなった。

 

それ以来、『マトリックス』と低予算映画を彼はずっと行き来していた。

インタビューからもわかるとおり、彼は低予算だけを選びたいのではなく、どっちもバランスよくやりたかったのだ。

キアヌのバットマン、観てみたかった。

 

 

映画『ジョン・ウィック』は全米で10月24日に公開される。

 

 

http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/keanu-reeves-studio-offers-cooled-sucks-article-1.1983504

http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/keanu-reeves-studio-offers-cooled-sucks-article-1.1983504

 

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。