707馬力の免許失効レベルマッスルカー『ダッジ・チャージャーSRTヘルキャット』

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nydailynews.com/autos/latest-reviews/test-drive-2015-dodge-charger-srt-hellcat-article-1.2021713

http://www.nydailynews.com/autos/latest-reviews/test-drive-2015-dodge-charger-srt-hellcat-article-1.2021713

「ほとんどすべてのスーパーカーより馬力がある」と紹介されている2015 Dodge Charger SRT Hellcat。

その数値は707馬力。値段は63995ドル(換算700万円程度)だ。

 

いわゆる「チャージャー」だが、クライスラーが倒産法を申請したため、日本ではもう販売されていない。

アメリカのマッスルカーの一種なので馬力が高いのはわかるが、2005年ごろに出たモデルでも430馬力程度。





707馬力なんて、自動車免許失効レベルだ。

 

実際、2ドアクーペとして先行した「チャレンジャー」は、同じ707馬力で「排ガス基準を満たしていない」という噂が流れた。

この馬力で、クリアできるわけがないという憶測があったからだ。

 

今回のチャージャーは同じエンジンの4ドアセダン版。

つまり家族用だが、一人ずつ免許を失効していくだろう。

ダッジとしてもこの車は「ブランド力構築のため」であると明言している。

 

最大トルク 89.9kgm。

スーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジン(supercharged 6.2-liter V-8 Hellcat engine)

最高速度 204mph(約328km/h)

車両重量 4,560ポンド(約2,068kg)

シフト8速オートマチックトランスミッション

 

こんなに重いのによく走ります。

Similar Posts: