タリバンの学校襲撃はノーベル平和賞マララへの報復なのか。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2875729/Up-20-dead-500-children-teachers-taken-hostage-Taliban-gunmen-storm-military-run-school-Pakistan.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2875729/Up-20-dead-500-children-teachers-taken-hostage-Taliban-gunmen-storm-military-run-school-Pakistan.html

 

パキスタンにおける史上最悪の虐殺事件と捉えられているタリバンの学校虐殺事件。

英首相デビッド・キャメロンは、

‘dark day for humanity’

人類にとっての暗い日

と呼んだ。

 

子供たちは教師が、生きたまま教室の前で焼かれるのを見た。





60人いる教室で、男が自爆したのも見た。

 

武装タリバン勢力は無差別に発砲したが、時に笑顔を浮かべていたという。

ほとんどの子供は頭と胸を打たれ、132名が亡くなった。

なぜ彼らは子供たちを狙ったのか。

 

一部報道では「自分たちの家族を狙った報復」とされているが、デイリーメールは専門家の意見として、「ノーベル平和賞を受賞したマララに対する報復」という考え方を紹介している。

マララを支持するものと支持しないものにパキスタンでは分かれていて、タリバンは支持しない派を元気づけるためにもやったというものだ。

 

たしかに、殺害された子供たちは15歳付近(6歳から18歳)で、マララとも年が近い。

 

また、タリバンはマララに対して、「西洋の魔にとりつかれている」と表現し、今回の襲撃は「予告編に過ぎない」と不気味な声明を発している。

 

同じアジアで、悪夢はまだ続いている。

 

 

 

 

 

Similar Posts: