生後6日の赤ちゃんが自然発火。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2015-01-20 14.10.36

 





人体からの自然発火例は過去に多くがあるが、木曜日、インドで赤子による自然発火現象が起きた。

わずか生後6日の子供から、炎があがったというのだ。

やはりこれは、人類のミステリーの一つである、人体自然発火現象なのか。

 

インド・チェンマイに住む母親K Rajeswariの息子は、たった生後6日で悲劇に見舞われた。

母親によると、息子の足から突然火が出たという。

 

現在、火傷を負った子供は大学病院にてチームが組まれ、24時間体制で治療を行っている。

 

謎なのは、この家族に頻発する現象だということだ。

母親は2013年8月にも生後三ヶ月の息子ラーフルが「燃えた」と主張している。

そのときが4回目だったという。

 

当然、まわりは母親による虐待を疑ったが、医師らの調査によると、虐待などによって外側から火をつけられた痕跡はないらしい。

 

人体発火については謎が解き明かされていないが、一説として人間がろうそくの芯の替わりになるという考え方だ。

しかし、これは外側から火が必要となる。

 

アルコールを飲む人に起こるという説もあるが、今回は生後6日。

大人だから起こる、というものではないようだ。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。