アメリカでは男っぽいフィアットで勝負する。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://autoweek.com/article/car-news/2016-fiat-500x-cost-20900

http://autoweek.com/article/car-news/2016-fiat-500x-cost-20900

 

アメリカでのフィアットは、実に男っぽい。

日本では小さなフィアット・チンクエチェントがメインだが、ここでは500Xという大きめのクロスオーバーがメインプッシュだ。

 

日本でこのXは正規販売していないため、輸入業者から買うとなると350万もする。

しかし、アメリカでは270万程度だ。

そして、今年中に発売される2016年モデルはもっと安い。





日本円で245万円だ。

 

エントリーモデルのポップは160-hpの1.4リッターターボ。

日本でいうCX-3のカテゴリだ。

4WD(1,900ドルプラス)なら2.4リッターになる。

変速はマニュアル6、オートマ9速。

 

ちなみに大きさは500Lと同じで、ジープ・レネゲードと同じプラットフォーム。

カラーは12色、ホイールデザインは8つから選べる。

オンラインで自分だけのデザインでコンフィギュレーション可能。

 

チンク・エチェントは可愛いが、家族で乗るには少し小さい。

この500Xなら全長4250mm、全幅1800mm、全高1610mmで問題なし。

 

 

 

 

Similar Posts: