ロボットがあなたのクルマを駐車させる。 独デュッセルドルフ空港

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


近未来的なライティングの駐車場に、まずクルマを停める。

そしてチケットを受け取ると、ゆっくりとロボットがやってくる。

彼の仕事は、クルマを格納スペースまで運ぶこと。

クルマの大きさはもちろん、センサーでタイヤの位置などを把握し、フォークリフト風に持ち上げる。

 

RAYと呼ばれるこのロボットフォークリストは、省スペースのために考えられた最新機器。

指定の場所にクルマを置いたら、設置されたタッチパネルで操作。

RAYが静かに近づいてきて、センサーとソナーで高さなどのボディ部分を計測する。

さらに、ミラー等のアクセサリー部分も感知するので、カスタムされた車でも大丈夫。

 

アプリとの連携も面白い。





スマホなどのアプリを通して予約ができるだけでなく、フライトデータシステムの情報と繋がっているので、便の遅れなども随時知らせてくれるのだ。

料金は1日29ユーロ(3900円、40ドル)。

 

メーカーもこのシステムに興味があるようで、先月にはフォルクスワーゲンがRAYに合わせたシステムを車に組み込むと発表。

Bluetoothなどを使って互いにコミュニケーションがとりやすくなる模様だ。

 

ロボットを使う利点は、格納倉庫部分が無菌状態であること。

無菌というのは、人間的に汚れないことはもちろん、明るい電気も細かな空調設備もいらないということだ。

 

 

 

Similar Posts: