フォルクスワーゲンとビョークとMOMAが手を組んだ。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.vwvortex.com/news/volkswagen-news/vwgoa-and-moma-team-up-to-create-groundbreaking-audio-component-for-bjork-retrospective/

http://www.vwvortex.com/news/volkswagen-news/vwgoa-and-moma-team-up-to-create-groundbreaking-audio-component-for-bjork-retrospective/

 

NYのMOMAのオーディオガイドに、VWの技術を使い、ビョークとコラボレイションしたものが誕生するらしい。

ビジターはそれぞれカスタマイズしたオーディオ体験ができ、その機能はVWGoA(Volkswagen Group of America)がシリコンバレーで開発したものだという。

2015年3月8日にオープニングする予定。

 

VWのシリコンバレーとは意味がわからないが、Electronics Research Laboratory (ERL) というのがあるようだ。





その技術“Sound Journey”が、MOMAのビジョンをアチーブさせるために助けになっている。

Sound Journeyはアプリケーションで、ドライバーに合わせてサウンドトラックをパーソナライズするというもの。

合わせるというのは、車のスピードやステアリングの角度、加減速らしい。

つまり、車に乗っている感じに合わせて音が出来るのか。楽しそう。

 

これがSound Journey。

Similar Posts: