混戦のセグメントに殴り込むインフィニティQX30。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://autoweek.com/article/geneva-motor-show/infiniti-qx30-concept-officially-revealed-geneva-auto-show

http://autoweek.com/article/geneva-motor-show/infiniti-qx30-concept-officially-revealed-geneva-auto-show

 

日産のことを書いたばかりなので、インフィニティについても。

今、スイスのジュネーヴで開催されているモーターショーで、QX30のコンセプトが発表される。

フェアレディZが昔の面影を無くし、残念な方向に進む中、昔の型のしがらみがないQX30は素敵な方向を向いていると思う。

 

まず、曲線感がいい。ぐねぐねうねっているようなイメージは今っぽく、昔くささがない。

同時に、鋼鉄のような素材感もゾクゾクする。

 

4シートのクロスオーバーは2.0リッターのターボチャージド・ガソリンエンジン。

7スピードオートマティックでオール・ウィール・ドライブだ。

 

セグメントは「グローバル・プレミアム・コンパクト」で、記事ではレンジローバーイヴォーグ(同じ2lだがワイド)、ベンツだとGLA( 1.6lから1.9l)。

BMWだと2シリーズアクティブツアラー(1.5l)か。





the small SUV/CUV segmentとも呼ばれているので、マツダだと値段的には圧倒的に安いがCX-3(1.5lディーゼル)か。ややこしい。

 

プロダクションバージョンは来年ローンチされる。

INF14032_QX30_intB_300dpi

インテリアは野球のグローブみたい。

こちらは2月の記事

http://autoweek.com/article/geneva-motor-show/infiniti-fully-reveals-qx30-concept-geneva-auto-show

 

インフィニティとしてはテーマとして「stylish protection」を掲げているが、protectionは保護という意味なので、若干意味不明だ。

ドアの内側のトリムがアルミニウムである可能性があり、新素材に守られている感があるのかもしれない。

 

845701

シートも未来的。

 

日本時間で3日夕方に初公開。値段はMaash予想で日本円換算400万円。

Similar Posts: