ハリー王子が軍隊を除隊する理由とは。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3007014/Prince-Harry-left-Army-honour-mother-s-memory.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3007014/Prince-Harry-left-Army-honour-mother-s-memory.html

 

30歳になった英のハリー王子が、6月で陸軍を除隊する。

なぜ彼はこのタイミングで陸軍をやめるのか。

その理由を探ると、彼の心の中にある「worthwhile」という言葉が見えてくる。

 

彼の母親であるダイアナは、自分の地位だからこそできる、「価値ある(worthwhile)仕事」をしてきた。

ハリーは当然、その活動に敬意を表していただろうし、今も母を思い出すときに重要なファクターとなっているはずだ。

では、その仕事を継ぐのは誰なのか。

そんなことを彼は考えたらしい。

父なのか、兄なのか。

 





私生活が元気なハリーは、その仕事を自分がしようと考えているらしい。

そして、それは父をはじめとするファミリーに反対されている。

 

ダイアナには、ハリーに対する希望があった。

それは、「スペア」にさせないということだ。

 

次男の彼は、ロイヤル・ファミリーにとっては、王位継承権のあるスペアである。

しかし、その運命によって何かを犠牲にするよりは、自分らしく生きて欲しいと母は思っていた。

 

ハリー王子に近い関係者によると、「ハリーは母親が感じたのと同じように、自分が必要とされる場所に行きたいと思っている。それは、次の10年を机の上で過ごすよりいいということだ」と語っている。

 

しかし、単純に「いいことをしたい」というだけでもない。

ホテルのスイートルームで起きたストリップ写真流出事件以降、彼のゴシップは王室のすべての人々を失望させた。だからこそ、「特別な何か」をしなくてはいけないと感じているのかもしれない。

もう一つある。

命を狙われたくないからだ。

軍に所属することで、アフガニスタンに2度派遣されたため、イスラム過激派の標的となることも懸念されているのだ。

実際にタリバン側から、「ハリー王子は標的」と明言されている。

イスラム国などの脅威が迫るなかで、軍隊に留まるのは賢明ではない。

 

次の活動としてメディアでいわれている、アフリカの野生動物の保護活動は、もともと彼がカメラ好きで、アフリカで写真を撮った経験があるからだろう。

当然、それだけではない。

他にも、負傷した兵士の支援なども行うとみられている。

あとは彼自身が活動に歓びを感じ、活動を拡げていくだろう。

彼の活動がメディアの注目を集めるのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: