「地球外生命体の発見まで10年から20年」 NASA発表

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3029599/We-alien-life-10-20-years-Nasa-scientist-claims-verge-meeting-extra-terrestrials.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3029599/We-alien-life-10-20-years-Nasa-scientist-claims-verge-meeting-extra-terrestrials.html

 

7日、NASAのチーフサイエンティストであるエレン・ストーファンによって、「地球外生物(extra-terrestrials)とのエンカウンター(遭遇)は10年から20年の間だろう(in the next 10 to 20 years)」と発表した。

 





ワシントンの講演で彼女は、「私たちは見るべきところや、どのように見ればよいかを最新の技術によって知っている」と語った。

しかし、「私たちは小さな緑の男性(little green men)の話をしているのではない。微生物のような生命体の話をしている」ということで、高度な生命体ではないらしい。

火星は北半球に1マイルの深さの海があったと言われていて、木星の月ガニメデにも海の存在が確認されている。

2022年にはエウロパに向けて宇宙船をランチして、居住可能な衛星かどうかを調べる予定だ。

火星も30年代に人を上陸させ、化石などを調べる予定だという。

 

地球外の生命体の発見はもはや「IF」ではなく、「WHEN」になったとNASAは語った。

彼らが言うからには、地球以外の生命体の存在を信じてもよさそうだ。

Similar Posts: