一家8人死亡の一酸化炭素中毒事故と、身を守る方法。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


ABC Breaking US News | US News Videos

アメリカで家族8人が一酸化炭素中毒で死亡するという痛ましい事件が起こった。

アメリカでは毎年400人が一酸化炭素中毒で命を落とし、2万人がなんらかの症状を発症しているという。

NYではダイナーの地下室で店長が死亡し、客や店員らが頭痛を訴えた。

ノースカロライナでは老朽化したパイプが原因で2人のゲストが死亡した。

 

冬にストーブや発電機を使う人が多いアメリカでは、日本同様、常に一酸化炭素中毒の危険性がつきまとう。

8人が死亡した事故は、暖房に使われた発電機が原因だった。

 

この一酸化炭素の恐怖から身を守るには、どうすればいいのか。

無色無臭の一酸化炭素だが、初期症状はある。

頭痛と眠気だ。

重症になると、精神的混乱状態となる。

また、稀に唇がピンクになることもある。

 

そもそも、構造を確認するのも大事だ。

欧米では暖房の歓喜は煙突でされることが多く、プロによる煙突の点検が必要となる。





さらに、一酸化炭素検査器の設置も推奨されている。

そんなものがあるのかと調べたら、あった。
 

 

個人的に、密閉性が厳しくない古い家にも関わらず、一酸化炭素中毒は気になる。

料理でガスを使うときは、必ず換気扇を使いたい。

 

暖房は、基本的に電気系で、ガスや灯油は使わない。

 

 

 

 

Similar Posts: