コンセプトテーマは「ソラとクーキ」で。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.hirata-office.jp/topic/itou_kumiko/atu2014/atu2014.html

http://www.hirata-office.jp/topic/itou_kumiko/atu2014/atu2014.html

 

去年、鎌倉で伊藤久美子の撮影があり、午後に海で撮影をした。

私が夕陽をテーマにしたのは年末だから、由比ヶ浜が西を向いていないかどうかなど、気にしていないころ。

たしかにここは、夕陽ギリギリまでの美しさは保てないかもしれないが、午後の長い間、傾いた陽のおかげで、もやっとする。

空気が見える感じだ。

 

写真を撮っても、とにかく素晴らしい。

 

最近、ミニマル&イズムでの考察の中で、「空」を見ること、「空」の下にいることが本質的なのだと考えている。

空の中に、太陽、夕陽、朝日、オーロラ、月、星、雲がある。

 

「空」が素晴らしいと考えると、合点がいくことが多い。





私が子供のころ、山が見える場所に住んでいて、いつも美しい夕陽を見ていたこと。

建物に閉じこもり絵ばかり描いていて行き詰まり、沖縄の久米島に行ってサーフボードの上でのんびりしていたら、精神的に強力な回復をみせたこと。

《夜と霧》のエピソード、夕陽の見えないオフィスにいると息が詰まること、ヨーロッパの外のカフェが気持ちいいこと。

ピクニックが楽しいこと。

車が楽しいこと。

ベランダで過ごすことが楽しいこと。

 

武蔵美の近くにある珍兵衛という居酒屋で、若い頃お世話になった。

今でも、マスターの奥さんである「ママ」と付き合いがあるが、ママが久米島に遊びに来たときに、ずっと記憶に残っている風景がある。

北側の道路(海沿いだが、高い場所にある)を夕方走っていて、海が夕陽で染まっていたこと。

記憶に残っているのは、遠く空から、自分たちを見ているような風景だ。

 

実際はそんな風に見えているわけではないのだが、それが強烈な幸せな風景と記憶である。

 

クロアチアのアドリア海との付き合いが長くなり、去年の終わりから、西に海があること、西日を浴びる街並みが美しいことに感銘し、コンテンツ制作や自分の毎日に取り入れるようにしている。

西に海があることは最も素晴らしいが、すべての人には与えられない。

しかし、「空」なら、牢屋以外の人に平等に与えられている。

見ないだけで、見上げるとあるのだ。

 

同様に、月も世界中平等に与えられている。

 

 

 

「空が素晴らしい」とは、あまりに当たり前すぎて、誰もが知っていることで、何の新鮮味も刺激もない。

 

しかし、人間として生きることの本質として、ぶれることのない軸なのだと感じている。

 

「ソラ(空)とクーキ(空気)」が、私たちを幸せにするのだ。

 

今後のコンテンツ展開は、「ソラとクーキ」で行こうと思う。

 

インスタでも空の写真を載せる。

http://instagram.com/remyork

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “コンセプトテーマは「ソラとクーキ」で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。