朝陽と西陽に囲まれた街マンハッタン。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2015-05-14 10.46.16

 

夕陽が見える街が素晴らしいと常々言っているが、その要素としては西側に川もしくは海があること。

または山や丘の丘陵が西を向いていること。

西側に大きな公園があること。

 

そのため、クロアチアやモンテネグロのアドリア海が、長い海岸線すべてが西を向いているので、素晴らしいと言える。

しかし、昨日ふと気づいた。

20代のころ大好きだったマンハッタンは、まさしく、西向きではないか…。

と考えみると、いや、東向きでもある…。





マンハッタンは細長く南北に延びていて、両サイドを川に囲まれているため、朝陽と西陽をどちらも浴びているのだ。

 

碁盤の目のような道は、若干左上に向いている。

なので、朝陽はぐっと街の真ん中まで射すだろう。

西陽も西側にいくと北側のビルに反射する。

 

おまけに、真ん中に巨大なセントラルパークはあるし、高層ビルの高層階からも傾いた太陽に会える。

凄まじいのだ。

 

人は時間帯として朝陽よりも西陽のほうが出会う確率が高いので、西側に海があるほうがいい。

そうすると、アメリカの東海岸はちょっと寂しい。

なので、フロリダの西海岸はいいと思う。

マイアミ自体は東だが、マイアミビーチは南北に細長い。

 

アメリカ西海岸はやはりロスだが、当然海岸線は南北型。

スクリーンショット 2015-05-14 11.02.26

そして、行ったことのないサンフランシスコ。

ここは自分にとっては「ゾディアック」の街だが、地形を見ると素晴らしい。

湾型でありながら、中心部は西にも東にも抜けている。

マンハッタン型のようであり、西側が川ではなく海なので、抜けが遠大だ。

また、北にあるシアトルも湾型で西に海がある。

 

ヨーロッパはどうだろうか。

フランス南海岸のマルセイユは西向き。

ポルトガルは国自体が西に海を持ち、南北型だ。

 

フランスも西側に長い海岸線があるのに、大きい街はない。

イギリスはリバプールがある。

ロンドンはテムズ川が南北、東西に向かう曲がり角にあるので、西陽は見やすい。

パリもロンドンと似ているが、大部分が東南に向いているので、朝陽が美しいだろう。

 

空が広いところ。

町、街と広い空が共存すると、魅力的になるのだ。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found