1.3L NEロードスターの夢。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

NEロードスター 1.3Lの夢

 

昨日、ロードスターが1.3L自然吸気だったら…という最後だったが、その後もいろんなブログを読んで考えていた。

読んでいると、傾向として、「アメリカでは2.0Lなんだから、いつか日本でも2.0L出さないだろうか」という意見がある。

 

まったく真逆だ。

 





1.3Lにしようなんて考えもないなと思って、今調べてたら、NDはターボじゃなくて自然吸気らしい。

ディーラーは昨日、ターボだって言ってた…なんというミス。

 

だったら、単純にダウンサイジングの1.3Lロードスターというのを、あえて出しても良かったのではないだろうか。

車体が軽くなって、エンジン性能も上がったのだから。

 

ミニマリズム的な考えでもあるが、パワーがない、排気量がないというのが必ずしもマイナスではない。

ロードスターもそれに従って、すべてをダウンサイジングした。

 

それでも、1.3Lには、1.5Lよりもネガティブなイメージがあるのではないか。

「スポーツカー」という名前による「小さいながらも少し上」の大きさ。

1.3Lという大きさについてマツダ開発陣からも特にコメントがなく、卑屈に考えると「グレード、値段を下げるため」のように感じてしまう。

でも違うかもしれない。それはわからない。

 

1.3Lという大きさは、1000kgにはなかなかベストだと思うが、もしかしたら1.0Lかもしれない。

わからない。

1.3Lもしくはそれ以下だと、だいたいターボが付く傾向もある。

 

1.3LでNDを出していたら、どんな評判になっただろう。

「あえて1.5ではなく1.3を”楽しさ”のために選んだ」と言ってくれれば、今よりもインパクトがあるような気もする。

 

そんなわけがない。

と思った人は、ぜひDJデミオの1.3Lガソリンを試乗してみてほしい。

 

 

Similar Posts: