『フォルクスワーゲン社とポルシェ社』より読み解く ピエヒ家とポルシェ家の争いと不正ディーゼル事件の真実

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

人とは争うものだ

と、納得せざるを得ないのが、フォルクスワーゲンとポルシェの戦いだ。

私はクルマにしばらく興味がなかったから、興味を持つようになってからポルシェがVWの子会社だと知った。

そして、今回のVW不正事件でポルシェが過去にVWを買収しようとしていたことを知った。

さらに、すべてを支配する持ち株会社において、ピエヒ家とポルシェ家の争いがあるという、争いに次ぐ争いの構図を見た。

 

そのあたりをさらに調べたくて、雑誌『週刊ダイアモンド』の記事を読んだが、正直謎は深まるばかりだった。

なので、吉森賢氏の論説『フォルクスワーゲン社とポルシェ社』を読んでいるのだが、霧は晴れるどころか、不謹慎ながら、そのドラマが面白くて夢中になっている。

ただし、論説の解釈はやはり難しいので、わかりやすく、ここに書いてみたい。

 

まず、謎について。

謎1 なぜピエヒ家とポルシェ家は争うことになったのか

親戚なのに、なぜそこまで争うのか。

謎2 ポルシェはなぜVW買収を画策し、失敗したのか

買収できると思うまで成長したのには、日本のあるメーカーの協力があった。

そして、敵対的買収を決心するまで、いくつかの要因があった。

謎3 ウィンターコーンを支援していたのは誰か

今回の不正では、ピエヒというVW監査役会前会長と、ウィンターコーンの争いの構図が取り上げられた。

しかし、二人は元々コンビだった。

ウィンターコーンはピエヒを会長職から退かせるのだが、それは彼一人の力でできるものではない。

力を貸していた誰かがいる。

謎4 結局、全体を支配しているのは誰なのか

それが、よくわからないところ。

 

 

ポルシェとVWを作った男

 

さて、謎を解くためにまず説明は戦前のドイツに遡る。

1931年にフェルディナンド・ポルシェという天才が、ポルシェ社を設立。

これは、車生産会社のためにクルマを開発する会社で、1934年にはヒトラーから「国民車」生産を任される。

1937年にはVWの基となるドイツ国民準備会社をフェルディナンドが設立。

翌年、社名はフォルクスワーゲンになる。

同年、ヒトラーのデザインを基にして後のビートルに繋がるKdFワーゲン発売。

戦後は価値がないとみなされ、ニーダーザクセン州管理の公営となった。民営化は1960年。

 

ところで、ポルシェ博士には優秀な技術者の助手がいた。息子のフェリーだ。

フェリーは戦後、ポルシェNO.1と呼ばれる356を開発し(48年)、ヒットさせていた。

同時にVW社長のノルトホフ(元オペル)と業務提携。ポルシェはVWのパーツを自由に使え、ヨーロッパ中のサービス網も使えることになったことで会社として成功を収める。

フェリーの姉はルイーゼ。二人は仲が良く、フェリーがポルシェ社の経営、ルイーゼがポルシェ持ち株有限会社の経営を担当するのだが、ここらへんから話が難しくなってくる。

ルイーゼの担当する有限会社は、ポルシェ社の持ち株会社のように見えるが、そうではない。

この会社は、おそらく前述したノルトホフとの業務提携で生まれたものだ。VWの全車種をオーストリアや中国など21カ国への輸出・販売などを独占するロイヤリティ契約で、後にポルシェ持ち株有限会社はヨーロッパ最大の自動車販売代理店になる。

ルイーゼは弁護士のピエヒと結婚し、4人の子供を授かった。同じように、フェリーも4人の子供を授かった。

いとこが8人になったわけだが、この第三世代と呼ばれる孫たちは、後にポルシェの車設計に関わる。

 

フェリーとルイーゼが担当をはっきり分けたのは、遺言によるものではない。

ポルシェ博士は単純に、二つの会社をそれぞれ50対50で二人にわけた。

つまり、議決権的なものは両家で対等に決めるということになったのだ。

この50対50というのが、話をややこしくさせている。

論説では「上記二社の50:50の財産分与」と書かれているが、そうなるとポルシェ社とポルシェ持ち株有限会社の株ということになる。

それがどう変わったのか、現在の構造はこうだ。

 

「ポルシェ家系ピエヒ家系の株主総会」が、ポルシェ自動車持ち株SEの100%議決権(だいたい50対50)を持つ。

ポルシェ自動車持ち株SEが、VW株式会社の50.73パーセントの議決権を持つ。

VW株式会社が、ポルシェ社とポルシェ持ち株有限会社の100パーセント議決権を持つ。

 

ポルシェ自動車持ち株SEというのは新しく出てきたので、とりあえず置いておいて、名前のない株主総会が、いつかどこかで開かれていることになっている。

ポルシェ家とピエヒ家の株主総会だ。

これが謎4の答えに繋がる。

 

911の製作からすべては始まった

 

フェリー指揮のもと、「誰がみてもポルシェとわかる車」を作るために、第三世代が開発陣に集った。





911の開発である。

ポルシェ家からは長兄アレクサンダー(デザイン)、ペーター(生産)、ピエヒ家からフェルディナンド(後のVW監査役会前会長。ピエヒといえばこの人)とエルンスト。

 

しかし、ピエヒ(フェルディナンド)とペーターの仲が悪かった。

ピエヒはエンジンの開発と試作を終了した段階で、ペーターはカムシャフトに対して文句をつけたという。

ペーターは押しが強く、おそらくポルシェ家の後継者を狙っていた。

順当であれば長兄アレクサンダーが後継者になるはずだったから、アレクサンダーとペーターも争うようになった。

ペーターはポルシェ家ではないピエヒが活躍するのも許せなかったのかもしれない。

フェリーとルイーゼはあらゆる手段を使って、彼らの仲が修復するよう試みたが、無駄だった。

最後には、第三世代追放という、悲しい結果となる。

ペーターは41歳で年金生活を選び、アレクサンダーは自分のデザイン事務所を設立。

ピエヒはダイムラーに拾われる。

 

ポルシェ社は結局、四男であるヴォルフガング(ポルシェ監査役会会長)が継ぐのだが、彼は柔和・協調的という性格にもかかわらず、ピエヒと争った。

結局ピエヒは、彼からすると雑草だったのだ。

まず、ピエヒは小学校2年で落第する。読み書きの言語障害があったらしい。

ルイーゼはピエヒを山中の寄宿学校に送り、結果ピエヒは人を信じなくなった。

いじめがあり、「自分しか信じない」と心に誓ったという。

決して大人しく寄宿生活をすることはなく、夜遊びもしながら自由な性格を育てていった。

22歳で女友達との間に子供ができ結婚。5人の子供を設けた。その後は4人の妻との出会いがあり、計12人。

破天荒なのだ。

そんなピエヒをポルシェ家は差別的な心で見ていたと思うが、一番の問題は、子供のうち二人は、ポルシェ家のいとこの妻との間にできた子供だったことだ。

論説ではそれが誰だかは書いていないが、ペーターやヴォルフガングの妻だったらと思うとぞっとする。

 

彼は子供を抱えながらチューリッヒ工科大学の機械工学を専攻し、学位試験で見事なエンジンを設計した。

ポルシェに入社してからは彼の設計したエンジンを積んだ車がルマン耐久レースで優勝。

両家の中で唯一の技術者を自負し、同僚たちもポルシェ博士の血を継ぐのはピエヒと囁くようになった。

追放されたのちは、ダイムラー社でディーゼルエンジンを開発。

そしてアウディにてクワトロ(4WD オンロードでの走破性も兼ね備えたフルタイム4WD)の開発に成功した。

圧倒的な名声を得て、彼は自分の実力でVW社長に昇りつめた。

 

ポルシェ倒産危機はトヨタが救った

 

ポルシェはアメリカでよく売れた。

80年代中期は5万3000台。うち、アメリカが2万8000台だった。

それが、88年ごろになると世界で2万9000台になり、アメリカで7850万台まで激減した。

92年の赤字は1億2200万ユーロ。

売れなくなったのに加え、車種や生産方式にも問題はあった。

車両間の共通部品は少なく、手作業が多かったのだ。

 

この危機を救ったのが、93年に社長に就任したヴィーデキングだ。

ポルシェには頑固なマイスターが多く、職人たちの作り上げた生産方法を変えるのは困難だった。

しかし、ヴィーデキングは彼らを引き連れて、トヨタを訪問した。

「私たちは零細スポーツカーメーカーです」と、あくまで低い姿勢で見せてもらったらしい。

トヨタは15人の管理者をポルシェ工場におくり、改善、無駄という言葉が実行されたという。

ヴィーデキングは現場に密着し、頑固な職人を罵ったりしたらしく、10年かけて日本式を導入したことで、業績は見事に回復した。

カイエン、ボクスター、ケイマンが売れたことで、手元資金は30億ユーロにも達し、ヘッジファンドとも呼ばれた。

他社を買収できるようになったのだ。

 

2000年以降にポルシェ社がVWを買収しようとした理由は、恐怖だった。

彼らが一番恐れたのは、VWが他社に買収されることだったのだ。

ポルシェはVWに比べれば小さな規模で、世界一の車を開発し続けるには、いつかまた資金繰りが苦しくなると予想されていた。

VWの研究開発協力、部品の提供などがあってこそのポルシェだった。

 

ヴィーデキングはそういった経済的なことから敵対的買収を決意した。

ポルシェ社を仕切っているのはポルシェ家だ。

契約を交わしたわけではないが、前述したように経営は仲の良かったフェリーとルイーゼが決めたこと。

いつ開かれるのか不明なピエヒ家とポルシェ家の株主総会があり、本当なら50対50に議決権がわかれているが、おそらくピエヒ家はポルシェ社の経営にほとんど口出しをしない。

また、ピエヒはポルシェに愛情がなく、「年間台数の少ないポルシェは存続できない」とまで考えていた。

だけども、統合には賛成だったという。

ただ、ポルシェ社が上に立つのは、納得ができなかった。VWへの愛情は強かった。

 

2005年、ヴォルフガングとピエヒを前にヴィーデキングはVWの株式20パーセントをポルシェが取得する案を披露した。

誰もがピエヒは反対するだろうと思っていたが、トヨタに追いつくという目標のため、賛成した。

ポルシェ社はアメリカの投資銀行数社と手を組み、VWにもドイツ当局にも知られぬままに75パーセント取得を目指した。

買収が成功すれば、VWの手元資金130億ユーロをポルシェ社のものとして、返済に充てる。

 

2008年10月8日、ポルシェは75パーセント計画をついに発表した。

ピエヒは裏切られたと知った。複雑な気持ちだったろう。

ポルシェはすでに42.6パーセントを所有し、オプション(権利)31.5パーセントで、合計74.1パーセントになっていた。

そして、リーマンはやってきた。翌月のことだった。

 

買収計画の主導的役割を担っていたメリルリンチが経営破綻に直面した。

車も売れなくなって、09年は赤字となった。

負債総額はもはやどうにもできない、100億ユーロ。

 

2009年、ヴィーデキングとヴォルグガングは、ピエヒとヴィンターコーン社長の前で、頭を下げた。

VWの子会社となることが決定し、ヴォルフガングは従業員を前に涙し、「ポルシェは永遠にポルシェであり、株式会社だ」と言ったという。

退任が決定したヴィーデキングが壇上に上がると、1分間、歓声を拍手が続いた。

 

 

ドラマは終わった。と思った。

 

さて、買収劇が終わったが、株主総会は続く。

普通なら、買収失敗で誰かが追放され、終わりのはずだが、ピエヒの敵だったはずのヴォルフガングはまだVW株主総会の席にいる。

彼は株主であり、VWの監査役(20パーセント取得時点より)だからだ。

2010年4月、ハンブルグでの株主総会で二人は1メートルほどの距離だったので、ヴォルフガングが握手を求めたが、ピエヒは無視した。

そのとき、ヴォルフガングの表情は凍り付いたという。

以来、二人が同席するときはなるべく離れて座り、間にヴィンターコーンが座るようになったらしい。

 

 

ここまでで、まず

謎1 なぜピエヒ家とポルシェ家は争うことになったのか

は解くことができた。

謎2 ポルシェはなぜVW買収を画策し、失敗したのか

もわかった。

 

だが、現時点で

謎3 ウィンターコーンを支援していたのは誰か

謎4 結局、全体を支配しているのは誰なのか

は、想像がつくだろうか。

 

話を進めよう。

 

ピエヒはVWの代表として、ポルシェ家に勝った。

勝ったというか、ポルシェ家の自滅だった。

それでも、両家の株主総会がある。

でも、仲の悪い両家が半分だと、牽制しあってあまり意味がないのかもしれない。(あくまで私の推測)。

重要なことは話されないし、ピエヒ家はポルシェ社にあまり興味がない。

VW社の監査役会でもピエヒは独断ですべてを決める。

そんなピエヒを見て、ディーゼル事件の予想をあるドイツ経済誌がしていた。

新聞は「「18年までに世界一を目指す」という目的しか見えない、手段を選ばない」とVWを酷評し、ヴィンターコーンが禁煙エリアで葉巻を吸い、罰金を払うという行為を例にして、「他の法は眼中にない」と表現した。

「危機に陥るのは時間の問題」と結んだらしいが、まさか本当に現実になるとは、記者も思っていなかったのではないか。

 

2015年4月、ピエヒがヴィンターコーンの社長任期延長に反対すると、ピエヒはなぜかあっさり敗北して監査役会会長を辞任した。

そして9月にディーゼル事件発覚。

ヴィンターコーンは引責辞任し、ピエヒがポルシェに送り込んだマティアス・ミュラー社長がVW社長となった。

ピエヒは監査役会長を辞め、ヴィンターコーンも社長辞任に続いて監査役も辞めた。

まるで計画されていたようなタイミングで、ピエヒは会長職を退いた。

 

VWが不正を認めたのは、2014年9月だ。

表沙汰になったのがその1年後で、すぐにVWは8700億円の引当金を用意した。

「いろいろ準備していたのではないか」と噂された。

 

というのも、監査役会の20名は、ピエヒの謝罪さえあれば会長職を辞任する必要はないと思っていたからだ。

しかし彼は、一方的に妻ウルズラ(監査役)との辞意を監査役会に伝えた。

 

どう考えても、ディーゼル不正問題のトップにはピエヒがいる。

ヴィンターコーンではない。

この不正に対してどう対応するか。

そこで二人の意見は分かれたのではないか。

あくまで想像だが。

 

そうでないとすると、単純にピエヒは成績不振の責任をヴィンターコーンのせいにして、ヴィンターコーンはポルシェ家のヴォルフガングに泣きついたのかもしれない。これが各メディアの一般的な見方だ。

 

謎3は、解けたような、解けなかったような。

監査役会で、ピエヒが本当に負けたというならば、やはりヴィンターコーンの背後にはポルシェ家がいたのか。

実は4月、ピエヒが「ヴィンターコーンとは距離を置いている」という発言に対し、ヴォルフガングは「ピエヒの発言は個人的なもの」と発言していた。彼がヴィンターコーン支持にまわったのを機に、ニーダーザクセン州、労働者代表も同意したのだ。

だけども、前述したように、監査役会が本当にピエヒに敵対していたわけではない。

あれだけ権力に固執したピエヒが、なぜあっさりと人事権を持つ(実際は独裁)監査役会をやめるのか。

あなたの敵で、徹底的に尊厳を潰したヴォルフガングがまだ残っているのに。

 

前述したように、両家の株式総会は聖域で、両家が仲悪いだけに、余計な議論はしなかったと思う。

ポルシェSEというVWの議決権を持つ持ち株会社(両家の株式と割合は同じ)があるが、ポルシェSEの監査役会で両家が話し合うこともあまりないはずだ。

実際はVWの監査役会に力があり、それをピエヒが独裁していた。

今、ポルシェSEのピエヒ家としては、2名分の枠をVWに送り、監査役の維持はしている。

 

 

結局、全体を支配しているのは誰なのか

 

最後の謎だ。

私はここで、やっとポルシェ自動車持ち株SE(ポルシェSE)について考えてみたい。

メディアではこのVWの支配権を持つSEについて、両家50対50と書いているところが多いが、実際は前にピエヒ家の一人が投資に失敗し、アラブ系に売ろうとしたのをポルシェ家にとがめられ、ポルシェ家が買い戻したことでピエヒ47パーセント、ポルシェ53パーセントになった。

なので、数字上はポルシェが強い。

ヴォルグガングが何かを決め、VW株50.7パーセントの大株主ポルシェSEの意見とすることもできる。

だが、実際はVWを動かしているピエヒが自由に動くことができた。

何度も言うが、おそらくこの両家が関わるものに、意思決定権はない。

仲が悪いせいだ。

ここで重要なことを話し合って決めようということを避けている。

メディアはVWの影の支配者はこのポルシェSEがあるがためにピエヒ家とポルシェ家だとしきりに表現する。

だけども、フェルディナンド・ピエヒが力を持っている構造が説明できず、50対50と事実を曲げて書いているところが多い。

実際はポルシェ家のほうが53パーセントなわけだが、ポルシェ家に強力な力はない。

 

ポルシェ自動車持ち株SEとはそもそも、ポルシェ社の持ち株会社だ。

つまり、創業者のフェルディナンドがルイーゼとフェリーに対して平等に分けたポルシェ社の持ち株会社だ。

ポルシェSEの監査役会があれば両家が揃い、ポルシェ持ち株有限会社(ルイーゼが経営)も監査役会で両家が集う。

それに両家の株主で開催される謎の株主総会があるので、3回は両家が集う場所があるということになる。

いや、実に複雑だ。

 

私は本当にここらへんがよくわかっていなかったのだが、どうやら、このVWを支配するポルシェSEというのは、VWを買収しようとしたときに主役となったポルシェ社の持ち株会社のことらしい。

2005年から画策がはじまり、2007年に持ち株会社がポルシェ自動車持ち株SEとなった。

論説によると、ヴァーデキングはリーマンショックでポルシェによるVW買収が無理だとわかったあとに、さらにVW株を買い増しし、42.6パーセントから50.8パーセントに増加させたとある。論説では「意味の無い買い増し」と書いてある。

このあとにVW社がポルシェSE(この時点でVWの大株主でもある)の持つポルシェ社株を段階的に買い取り子会社化した。

そのままポルシェSEは、ニーダーザクセン州からVWの筆頭株主の座を奪い、現在に至るのだ。

 

私は、いつピエヒ家とポルシェ家がVWの筆頭株主となったのか、どこを調べても最初は理解ができなかった。

1960年までVWは国営だったのに、そのあと民営化されても、ポルシェSEがどこで筆頭になったのかが分かりづらかった。

今、自分なりに理解した頭で説明すると、あの買収劇の20パーセント取得まで、ピエヒ家とポルシェ家はVWの筆頭株主でもなく、支配権もなかった。

途中でピエヒが社長になるが、そのときも支配権はなかったのだ。

私はピエヒ家対ポルシェ家という構図で買収劇を読み解こうとしていたが、違った。

ピエヒがVWにいるから、構図を分かりづらくなっていたのだ。

実際は、VWピエヒ社長対ポルシェ家主導のピエヒ・ポルシェ家のポルシェSE(当時ポルシェ社の持ち株会社)だった。

ポルシェ家主導による「ポルシェ社傘下のVW」という、ポルシェ大グループ構想は失敗したが、両家は結局、VWを法律上支配することになった。

あの買収劇がなければ、ポルシェはポルシェのまま。

ピエヒはVWの会長はやったかもしれないが、両家がVWの支配者となることはなかった。

 

買収劇によってピエヒとヴォルフガングの仲は冷え切ったというから、それが両家がVW支配権を得るための共同作業だったとは思えない。

ピエヒは同族が関わっているにも関わらず、ポルシェSEが今のように50パーセント超の株を得ること自体は、おそらく反対だった。

推測だが、ポルシェSEでの彼の決定権がほぼなかったからだ(繰り返すが、論説やメディアの考え方とはかなり違う)。

買収劇は、ポルシェ家の失敗であり、ピエヒの失敗でもあった。

 

結論として、VWの支配者はピエヒとヴォルフガング(ポルシェSE監査役会長)を筆頭とする両家という表向きで、実際にはポルシェSEに強力なリーダーシップはない。

ピエヒは辞めてからポルシェSEの力を使うつもりもないのではないか。

考えられているのは、ピエヒが新社長を使って裏で指示すること。

あとは姪二人とヴォルフガングがどれだけ経営に興味があるかどうかということになる。

 

私のような一般人では、両家はVWグループを支配したかったのだろうと考える。

しかし、VW社長、監査役会長として権力とお金をすでに持っていたピエヒに、そこまでの欲はなかったというのが、私の推測だ。

ポルシェ家も同様に、ポルシェ社の繁栄こそが成功だった。

また、両家でやらなくてはいけないことにも、両家が争いすぎて興味がない、という側面もある。

つまり、ポルシェ家の権力介入のないVW社長時代が、ピエヒにとって自由で楽しかった。

そこに自分も含め両家が絡み、なおかつポルシェ家のほうが法律上優位なポルシェSEが戦いを挑んできた。

結局、VW監査役会というピエヒにとっての最高権力組織の上に、ポルシェSEが登場してしまった。

それでも実際にポルシェSEは権力を発動しないので、ヴォルフガングがVWのどこかの椅子に座っていても我慢していたが、ディーゼル不正という終わりの日が近づいていた。

ピエヒ「ウォーターコーン、不正を認めては駄目だ。別の方法でなんとか誤魔化し続けるんだ」

ウォーターコーン「無理です。素直に認め、未来を見なくては駄目です。私たちはやりすぎました。ヴォルフガングもそう言っています」

ピエヒ「あいつは関係ない。あいつは何も知らなかったんだろ。もしお前が考えを改めないなら、任期の延期はなしだ」

ウォーターコーン「……」

 

今後捜査は進み、ウォーターコーンが逮捕され、ピエヒが逮捕されるのか。

そしてヴォルフガングは笑うのか。

「私もかつて自滅したが、今度はピエヒが自滅した。でも両家は残る。問題ない」

 

この美しき車の背景にこのドロドロか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:

    None Found