クルマは部屋の中に置いた瞬間、茶室空間に変身する。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

ディーラーに行って、展示されているクルマのドアを開ける。

そして、座る。

ドアを閉める。その瞬間。

もう、ずっと居たいと思う。

できれば店員さんは出て行ってもらって、しばらくここでじっと、コーヒーでも飲んでいたい。

読書もしたい。

MINIもルノーも、マツダもそんな気にさせる。

高級車じゃなくていい。

 

それが外に展示されていると、少し趣きが変わる。

 

店内に展示されている場合、室内空間のさらに空間として捉えるのか、小さな茶室に入り込む感じなのか。

試しに想像する。

クルマの形じゃなくて、あれくらいの大きさで、ドアがあり、窓があり、椅子がある箱が、室内にある場合。

…ちょっとうまく想像できなかった。

たぶん、クルマはやっぱり、デザインがいい。

自分の部屋を眺めて、ここに自分のクルマが置いてあるのを想像してみた。





想定時間は夜。

 

…なかなかいい。

いや、ものすごくいい。

 

半ガレージのような、よくあるパターンでは駄目だ。

普通に、リビングに置いてある。

もし置いていたら、何度でもドアを開けて、椅子に座る。

どうしてそんなふうにしたいのだろうと思うと、よく分からない。

 

東京モーターショウは行かなかったが、室内空間に置かれたクルマはどれも素晴らしかっただろう。

室内の場合、ライティングも完璧になる。

室内空間の箱と椅子。

茶室とは随分趣きが違うけれど、閉じこもっていたい空間という意味では、茶室のようなものだ。

走らないクルマも、なかなかいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: