買い物の失敗を繰り返してミニマリストになったのかも。 岸本葉子『買い物の九割は失敗です』を読んで

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

Kishimoto_cover_OL

岸本葉子さんの『買い物の九割は失敗です』が面白いです。

私が岸本さんとよく仕事をしているから、とかではなくて、モノをいろいろ捨てたミニマリストとして「なぜか」面白い。

買い物の本なのに、ミニマリストが楽しめる本というのはなかなかないのに、どうして面白いのだろう。

 

ミニマリストはよく、「捨てることが目的になっている」と批判されるけれど、やっぱり「捨てる理由」は探したりする。

「このルンバ、半年使ってないよね」

という感じで。

本の冒頭に出てくるのもルンバ。

自分の場合、使わなくなったこと自体、ロボットのような彼に申し訳ない気持ちになっていた。

どうして買う前は、あんなに欲しくなったのだろう。

買ったら、すごい活躍をしてくれるだろうと思っていた。

でも実際は、複雑な家具の迷路に迷いこみ、どこかで唸っているのが常だった。

いろいろと使い道を模索した。





ベッドの下なら、手も届かない場所にも行ってくれる…。

でもある日、ベッドの下の奥の方でバッテリーアウト。止まってしまった。

手が届かないから、取り出せない…。

そのまま1ヶ月ほど放置して、捨てた。

いろんな棒でかきだすように取り出したけど、ほんとに大変だった。重いから。

 

ペットと別れたような複雑なその心境を、この本は思い出させてくれるのか。

岸本さんもこんなにルンバと格闘していたなんて。

自分はバッテリー交換プログラムは実行したけれど、だからこそ長く捨てられなくなったという側面もあり…。

 

 

 

ところで、今回の本は岸本さんの毒が出ていて面白い。

買ったけれど、使っているとこうこうこういう問題が出てきて、結局使わなくなって…と私たちにもよく起こる現象が書かれていて、モノに対する岸本さんの愚痴が穏やかにかつ鋭く吐かれている。

便利と思って買ったのに、そのモノに対する掃除やメンテナンスが…と、逆に手間が増える。

相談窓口に電話かけたり、通販で買ったけれど返品したり…。

ミニマリストの共感部分はまさにここで、「だったら要らない」となる。

その「だったら要らない」と思えることも、少し気持ちいい。

 

他にも、私の知らない岸本さんがいっぱい出てくる。

ツタヤの宅配レンタルにも入っていたり、韓流ドラマにはまっていたり。

岸本さんの失敗談にいちいち共感し、「だからいろいろモノを手放したんだなぁ」と自分を振り返る。

ミニマリストにオススメです。

 

1月20日発売

『買い物の九割は失敗です』 岸本葉子

http://www.amazon.co.jp/dp/4575309850

Similar Posts: