英国発のライトウェイト水素カーが今日から英国で発売。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

イギリス・ウェールズの会社が、ライトウェイト水素カーを15年かけて開発したらしい。

2月17日の今日、ついに発売にこぎつけた。

完全英国産の水素カーの名前は、Rasa(ラサ)。

 

ドアはデロリアンを彷彿とさせるガロウィング。

ギアがなく、フォワード、ニュートラル、リバースのボタンがあるだけ。

10秒で時速97キロまで加速し、当然ブレーキでエネルギー回収する。

燃費は1ガロン(3.8リッター)に換算すると402キロ。

ガソリン1リッター換算で105キロメートルだから、かなり大まかに計算しても800円ほどでガソリン満タン程度になる。

実際には水素タンクは1.5kgでフルで、482キロ(300マイル)走る。

 

環境負荷を考えると素晴らしいが、気になるのはイギリスの水素ステーション事情。

日本と違い、今のところ14しかない。

そのせいか、販売は月500ポンド(およそ8万円)のリースがメイン。

 

開発したのはリバーシンプルという小さなウェールズの会社で、まったく一から開発したというのが面白い。





車名のラサは「白い石版」という意味のラテン語。

開発者のヒューゴ・スパウワー氏は

「The car is simple, light and fun in every respect  すべての点でシンプルで軽く、楽しい」

とコメントしていて、英国らしく、ライトウェイトへのこだわりを感じさせる。

 

先進国で小さな車を新たに開発するなんて、かっこいい。

 

 

デイリーメール

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3449551/The-Rasa-city-car-runs-AIR-Electric-vehicle-no-gears-powered-hydrogen-speed-just-60mph.html

Similar Posts: