白と茶、レザーシートの世界。車のはなし。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

ディーゼル問題もくすぶっている中、いいものを出してきたなぁと思う。

ゴルフのミラノエディション。

アルカンターラとナパレザーの茶色シート。

茶色レザーだけでもいいのに、アルカンターラ。

素晴らしい。

地味なゴルフのインテリアが、ぐっと華やかになる。

 

そんなゴルフが気になるのも、最近はインテリアをポイントにうーんとあれこれ考えているからだ。

どうやら私は、白か茶色のレザーシートを持つ車が好きらしい。

はじまりはビートルカブリオレ。限定車で70’sというのがあるのだけど、中が全部白になっていて、色っぽい。ボディがチョコ系だから組み合わせは完璧。

ワーゲン70's





黒ボディにクリームシートのモデルもあって、なんだかいい。

カブリオレだから、中と外を同時に見れて、なんとエレガントな世界観だろうと感じ入る。

でも。

ビートル カブリオレ

 

そうじゃないワーゲンを見ると、自分としてはとても残念な気持ちになる。

それはそれなのかもしれないけど、同じ車と思えない。

 

同じような思いは、前にもあった。

東急の裏に来ていたBMW。ある車の中を覗くと、黒のファブリックシート。

それが、2シリーズアクティブツアラーだという。

全部白じゃないのか…。

勘違いで白モデルしかないと思っていたが、白じゃないと、素敵じゃない。

アクティブツアラーの感じがしない。家族でも空でもない。

 

ジュリエッタもそうだ。試乗して良かったなぁと記憶が残っているのは、茶色のレザーシートのせいだと思う。

黒のファブリックシートのアルファロメオジュリエッタを覗いたとき、そう思った。

 

白や茶の明るい色だけがいいと思っているわけではない。

黒なら、ラ・フェラーリみたいなアルカンターラを多用したインテリアや、ベンツ、デミオのブラックレザーエディションだって、唸るほどいい。

でも、今の気分は中が明るい色。白か茶色。

そうなると、選べる車は限られてくる。高級車に多いけど、中堅だとぐっと少なくなる。

私のデミオ、レザーパッケージはあらためて、白レザーでいい世界観だと思う。

黒のプラスチック部分がちょっと多いけれど。

 

白か茶のレザーシートという世界。

興味がない人には、どうでもいい世界。

感じる人には、どうにもたまらない世界である。

 

Similar Posts:

    None Found






  
 

1 comment for “白と茶、レザーシートの世界。車のはなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。