124スパイダーアバルトの米版コンフィギュレーション

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

米フィアットサイトで124スパイダーのコンフィギュレーションが始まった。

こちらがそのページ。

http://www.fiatusa.com/hostc/bmo/CUX201707/models.do?sessionKey=2016-05-02%2014:41:09.999

 

アクセスすると日本語か英語が聞かれるので、英語を選択。

Zipコードは適当に33333という感じで入力。

左の3つのモデルをまず選択。

クラシカ、ルッソ、アバルト(英語読みアバルス)で、下から24995ドル、27495ドル、28195ドル。

「2017 124 SPIDER ABARTH」のベース価格はディスティネーション(輸送費)をプラスして29,190ドル(317万円)。

エンジンは1.4-Liter I4 MultiAir® Turbo Engine(160ホースパワー)。6速マニュアルミッションか、AISIN製オートマが選べる。

トルクは184 lb-ft(25.4kgmトルク)。

カラーはBianco Gelato White Exterior Paint、Bianco Perla Tri-Coat White Exterior Paint(Add $595)、Grigio Argento Aluminum Exterior Paint(グレー)、Nero Cinema Jet Black Exterior Paint(ブラック)、Rosso Red Exterior Paint(赤)。

レザーシートはLeather / Microfiber Sport Seats。他にスポーツレザーシートとアルカンターラ(1195ドル)が選べる。

パッケージはLuxury Collection(3995ドル)とSafety and Comfort Collection(1495ドル)が選べる。





Luxury Collectionはスポーツレザーシート、セキュリティアラーム、ヘッドランプウォッシャー、オートディミング・エクステリア・ミラー、ヒーティド・エクステリア・ミラー、オートディミング・リアビュー・ミラー、ユニバーサル・ガレージ・ドア・オープナー、GPSナビ、アダプティブ・フロント・ヘッドランプ、LEDヘッドランプ、オート・ヘッドランプ・レベリング(高さ調整)、LEDデイタイム・ランニング・ランプ(オートライト)、9Boseスピーカー、SiriusXM Sat Radio、パークセンス(パークアシスト機能)、ブラインド・スポット&クロスパスディレクション(車線警告機能等)が付く。

あとはホイールで、17-Inch x 7-Inch Gun Metallic Aluminum Wheelsが1495ドル。

オプションではないが、マツコネモニターはベーシックではラジオ機能とBluetoothで音楽を聴く機能のみ。

3つのグレードがあるが、パワートレインはどれも同じ。

パッケージがクラシカだとラグジュアリーのようなコレクションがない。ルッソは3795ドルのプレミアム・コレクションがあり、ラグジュアリーからレザーシートやヒーティド・エクステリア・ミラー等を省いたものになっている。

また、色はルッソがBronzo Magnetico Titanium Exterior Paint、Grigio Moda Meteor Grey Exterior Paint(メテオグレー)、そしてシートがブラウンを選べる。アルカンターラやスポーツレザーシートは選べない。

つまり、アバルトは外観形状とオプションが違うだけで、高級グレードという位置づけのようだ。

今までも米国フィアット500のアバルトはグレードの違いになっていて、そこはこのスパイダーも同じ。

おそらく、アバルトエンブレムのもの(エラボラツィォーネ FIAT® 124 Spider Elaborazione Abarth)は同じエンジンだけど170psで9月に欧州発売、4万ユーロ。

こちらが良く見るボンネットがマットブラック(レーシング・アンチグレア・キット)の本格アバルト版だと思う。フロント・バンパーは米国アバルトグレードと欧州アバルトは同じになりそうだ。

また、欧州フィアット124スパイダーの馬力は140psと米国より低めに設定されている。

米国版フィアット124スパイダーアバルトはブレンボ製ブレーキ(レッドキャリパー)をオプションで加えられる。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: