映画『ギルバート・グレイプ』の母親役が亡くなる。レオナルド・ディカプリオがメッセージ。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


レオナルド・ディカプリオの演技力を世に認めさせた名作『ギルバート・グレイプ』。

母親役で出演したダーレン・ケイツが先週末69歳で死亡した。

 

レオは1993年のそのフィルムでアーニーとしてジョニー・デップと共演。

火曜日に彼女についてツイートした。

 

Darlene was the best acting mom I ever had the privilege of working alongside. Her endearing personality and incredible talent will live on in the memories of those who knew her, and those who loved her work. My thoughts and prayers are with her family during this difficult time.

 

「ダーレンは蕎麦で一緒に働いてくれた、今までで一番の母親役だった。彼女の愛おしい人格と信じられない才能は今も彼女を知り、彼女の仕事を愛した人々の中で行き続ける。私の思いと祈りは困難な時を過ごす彼女の家族とともに」

 





ダーレン・ケイツは1947年12月13日生まれ。テキサス州のボーガーで生まれ、3月26日テキサス州フォーニーで亡くなった。

映画では過食症で250kgになった役(ボニー)だったが、その後113kgの減量に成功。

しかし、その時点ではまだ立てなかったという。

 

http://abcnews.go.com/Entertainment/leonardo-dicaprio-pays-tribute-whats-eating-gilbert-grape/story?id=46444464

 

Similar Posts: