1979年『エイリアン』もう一つのエンディングを監督が告白。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


シガニー・ウィーバーがエイリアン2以降に出演し、女優人生を現在のような評価に至らしめたのは、『エイリアン』のもう一つのエンディングを20世紀フォックスの幹部が選ばなかったからだった。

リドリー・スコット監督がエンターテイメントウィークリーに最近告白した記事(http://edition.cnn.com/2017/04/04/entertainment/alien-alternative-ending/index.html)では、彼はシガニーが演じたリプリーを最後に殺したかったという。

その殺し方はショッキングなものだった。

エイリアンが彼女の顔を裂いて突き出てくるというものだ。

最後はエイリアンが船をコントロールして終わる。





エイリアンは船長の真似をして「I’m signing off」と呟くのだ。

 

対して20世紀フォックスは、「もしそのエンディングにしたらクビにする」と監督に通告。

おかげで、シガニーのリプリーは続編に出演し、映画『プレデター』も生まれたのだった。

 

最新作『Alien: Covenant』は5月19日に全米公開。

 

 

Similar Posts: