膨らみ続けた鼻の腫瘍は、頭蓋骨を破壊した。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

鼻が膨らみ続け、収まることはなかった。そして、頭蓋骨が破壊される。

そんな「事件」が起こったのは、フィリピンのプエルト・プリンセサ。

4年前の2013年ごろから、鼻孔の痛みを訴えはじめたエディタ・タドーレスは、副鼻腔炎と診断されたものの、症状は治ることはなかった。

実は、その痛みの原因は腫瘍だったのだ。

2015年にようやく手術を受けたが、むなしくも腫瘍は膨らみ続け、頭蓋骨が破壊された。

 

リンク先にはエディタさんの写真がある(閲覧注意)が、医師はお手上げ状態だ。

投薬のために痛みはないが、話すことや寝ること、食べることは困難だという。

 

4人の息子、2人の娘、16人の孫がいるエディタさんは、現在71歳。

専門医の治療を受けるために、マニラの病院に行く道を模索している。





 

反転乳頭腫  鼻腔の後部に形成される非癌性腫瘍。副鼻腔または鼻孔にまで広がる。

Read more: http://www.dailymail.co.uk/health/article-5076783/Tumour-ravages-grand-s-face-causes-skull-SHATTER.html#ixzz4yJmwZt00

Similar Posts: