「海に浮かぶ独立国家を作る」国際領域を使った驚くべき案が進行中

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

ペイパルの創業者が、タヒチ近くに「法律や政治から解放されたフローティングシティ」を作るという。

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5077575/The-world-s-floating-city-set-2020-build.html

Peter Thielが起ち上げたこの驚くべきプランは、2020年までに完成するもので、各国の法律が及ばない国際領域に作る。

最初はホテルやレストラン、家、事務所がいくつか集まった小さいものだが、2050年までには「シティ」にしたいと意気込む。

テーマは、

‘liberate humanity from politicians’

政治家からの人間性の解放

だ。

 

驚くのは、言い換えれば「独自の法律で独立国家を作る」ことになること。

果たして、こんな誰も考えなかったことが実現可能なのだろうか。

 

Seasteading Instituteの社長Joe Quirkの最近のインタビューによると、2050年までに1000以上もの浮遊シティが誕生し、それぞれが独自の支配権を持つという。





当然、お金を持つ人がそれぞれを「買う」ことになるが、その中はどの国にも属さず、裁き方も税金も自由になるということだろうか。

はじめはフレンチ・ポリネシアン政府が主導で、新たな貿易ルールを「新国家」のために作るという。

 

Seasteading(シースティーディング)と呼ばれるこの浮遊国家構想は、2011年のバーニングマンで思いついたものだという。

毎年7万人を魅惑するこのイベントにおいて、新しい社会の構想が浮かんだ。

そこには、ダイバーシティという言葉のテーマも見えてくる。多様性の国家、多様性の人種。

 

The Seasteading Instituteは2008年にペイパル創業者Thielと、エコノミック・セオリストのPatri Friedmanで起ち上げられ、5年間に及ぶデザイン、構想の期間が設けられたという。バーニングマンのあと、2012年にJoe Quirkが参加した。

彼が考えたのは、「いかにして浮遊国家が数々の諸問題を解決するか」だった。

貧困と資産家の格差や環境問題、医療や政治にとらわれない自由。

最初のステップは、8つのモラルとなるシティの構築だ。

 

いずれにしろ、やることが斬新かつ実現可能ということで、注目に値するニュースであることは間違いない。

 

 

 

Similar Posts: