誰も知らないマニトバで冒険的人生を味わう!

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

個別のドームでオーロラを眺め、ポーラーベア(ホッキョクグマ)を発見し、鯨と出会う。

そんな旅を実現する、北欧ではない場所。それがカナダのマニトバ州だ。

 

カナダの荒野ともいえるハートランド州は、冒険的旅行体験を味わえる最先端の場所。

自然だけでなく、州都ウィニペグも都会でギャラリーや博物館、フェスティバルなどが盛んだ。


 





冒険では海に出て、夏は白いベルガ鯨に出会う。夕暮れのカヤック紀行では人生が変わるような夕暮れに出会えるだろう。

北極圏のツンドラでは専用バギーで移動。ポーラーベアに遭遇できるかもしれない。

 

夜は専用ドームでオーロラ観賞。

これで人生の記憶に残らないはずがない。

 

 

マニトバ州は南はアメリカ合衆国のミネソタ州、ノースダコタ州と接していて、北東部はハドソン湾。人口の半数以上は州都ウィニペグに集中している。
http://www.dailymail.co.uk/travel/article-4884602/Head-Canada-s-Manitoba-polar-bears-whales.html

 

数として凄いのは、氷河によってできた湖が11万以上もあること。ベルガは3千頭以上。野鳥は300種以上。

ポーラーベアはハドソン湾沿岸に集まる。湖では糸をたらせばレイクトラウトを釣り上げることができるはず。

Similar Posts: