20世紀初頭へタイムワープ 閉鎖マンションが公開

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

Time-warp mansion opens its doors after century in the dark


20世紀のあいだ、ほぼ閉じられていた邸宅がついに公開となりました。
フランスのムーランのある家は、1905年に家主の死によって100年ものあいだ、誰も住まずに閉じれてきました。
ドイツの占領時にも傷つかず、時はただ過ぎていきます。

そして2011年。
19世紀当時そのままの調度品が残っているため、博物館としてオープンすることが決定。
その家の中に入ることは、まさにタイムトラベル体験です。

でも、二重窓やステンドグラス、風呂場の照明や水洗トイレなど、当時としては画期的というか最先端設備です。

ルーアンの新しい観光名所として楽しみです。

Similar Posts:

    None Found