小さい家でも幸せ ニューヨークの小さい家

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

The Almost Landless Gardener


ニューヨーク、ブルックリンハイツのJoralemonストリートは緑の多い素敵な通り。そして、この通りには低層の赤煉瓦住宅が目立ちます。

NYTimesが、30年間、ここに住んでいるキャサリン・フィッツシモンズさんを紹介しています。
彼女は、街に特化した庭園「シティサイズド・ガーデン」の景観デザイナー。
なので、彼女の家の前の小さな狭い空間に、小さな木々がきれいに並んでいます。





1980年ごろに購入したこの家は当時600万円。
家の中はキッチンとリビングルームが一体化したような感じで、アメリカの一般的な家に比べて天井が低め(でも日本と同じか高いくらい)。
あとは小さい寝室があるのみ。

自分でいろいろ補修もしてきました。
写真にある家具などはほとんど贈り物だそうです。

修復や改装で今までに使ったお金は800万円。
無駄遣いではなく、楽しく使えたお金だそうです。

アメリカにしては小さい家ですが、幸せそう。

家が大きいことと幸せは比例しそうにないですね。

Similar Posts: