マイケル・J・フォックス パーキンソン病月間で語る

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


マイケル・J・フォックスがパーキンソン病の研究に新たな光を与えているようです。





彼の病気の告白以来、エンパイアステートビルは4月のパーキンソン病月間にオレンジと白でライトアップされています。
これは、彼と娘のエスメによるマイケル・J・フォックス財団の挨拶。
チームフォックスが期待しているよりも、効果的な治療法の発見には時間がかかっているようですが、フォックス自身はまだがっかりしていないと語っています。

科学はハードで何度も失敗をするが、その後に必ず答えがある。とも語っています。
実際に彼のサポートのおかげで、治療法発見の可能性は高くなっていると言われています。

彼の戦いは、答えが見つかるまで続きます。

Similar Posts: