「携帯電話は発がん性あり」国際研究機関が火曜日に発表

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan





火曜日、がんの専門家がフランスのリヨンに集まり、がんの発症を高める生活用品について最新の報告がされました。
なかでも、携帯電話が調査の結果、「発がん性がある」という報告が話題を集めています。

携帯電話は発がん性を意味する2Bにカテゴリわけされ、農薬のDDTやガソリンエンジンの排気ガスと同じ分類になりました。

研究は昨年行われ、携帯電話とがんに明確なリンクを発見したそうです。
脳腫瘍などの関連性も疑われています。

携帯電話を人々が使用しはじめてから間もないので、完璧なデータと言えるかどうかはわかりませんが、我々は10年ほど使い続けていて、何らかの影響が出てきているかもしれません。

また、16歳以下のこどもは脳の神経が未発達のため、呼び出し専用の使い方をしたほうがいいそうです。

Similar Posts:

    None Found