フォアグラ禁止の姿勢にフランスの農業大臣怒る

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


ドイツのケルンで行われたフードフェアで、フランスの農業大臣が怒ってしまいました。
発端は、フェアにおいてフォアグラの展示を禁止したこと。
ドイツの団体が、フォアグラは動物虐待だとして抗議したためです。





ドイツではもともとフォアグラの消費量があまりないのですが、フランスとしては名産のフォアグラを宣伝したいもの。
プライドを傷つけられた農業大臣は、開会式をボイコットするとドイツ相手に脅迫したようです。

フォアグラの生産において、フランスは世界で75パーセントという圧倒的シェア。しかし、フォアグラの生産はアヒルやガチョウにチューブを通して食べ物を与え、肝臓を10倍にさせるという方法をとるため、動物保護団体にとっては絶滅させたい食物になっています。そのため、ドイツでは生産がすでに禁止されています。

Similar Posts:

    None Found