100年前、イーストエンドのこどもたち。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/

ロンドンオリンピックによって解体されようとしているイーストエンドのスラム街の名残り。
デイリーメイルが、100年前のこのエリアの子供たちの写真を公開しています。





写真は写真家ホレスワーナーが子供たちの窮状を世に示すためにスピタルフィールズで撮影したもの。
ロンドンが繁栄を極めるなか、子供たちは飢えに苦しんでいました。

実際、1800年よりも1900年のほうが、乳児の死亡率は高かったそうです。イーストエンドでは、最初の誕生日を迎える前に20パーセントの赤子が死亡しました。

道には動物の死体。排水管はゴミでつまり、コレラやはしかが子供たちを苦しめました。

圧倒的な困難の中で、生きるために懸命だった子供たちの眼差しが、現代の我々に何かを訴えているような気がします。

Similar Posts:

    None Found