特集
8月23日からはじまったマドンナのSticky And Sweetツアーが、総収益300ミリオンドル(日本円換算280億円)を突破することが1日、明らかに。ソローアーティストとして自身の記録を更新した。ツアーは南北アメリ […]

マドンナのツアーが総収益で記録更新 300ミリオンドル突破

8月23日からはじまったマドンナのSticky And Sweetツアーが、総収益300ミリオンドル(日本円換算280億円)を突破することが1日、明らかに。ソローアーティストとして自身の記録を更新した。ツアーは南北アメリ […]

ブリティッシュらしいロックを展開するカイザー・チーフス。新しいアルバムの売り上げも絶好調です。 オフィシャルクリップ

カイザー・チーフス Never Miss A Beat

ブリティッシュらしいロックを展開するカイザー・チーフス。新しいアルバムの売り上げも絶好調です。 オフィシャルクリップ

デンマークのインディーズから。 Snöleopardenのライブ映像

Snöleoparden – Xylofon

デンマークのインディーズから。 Snöleopardenのライブ映像

ロシア民謡は切なくて好きですが、ウクライナの民謡もやっぱり切ないです。 このリュビストクという曲も名曲ですね。他に、伝統的なウクライナのクリスマスソングなどを集めてみました。どれも素晴らしいです。

なぜ切ない ウクライナの伝統音楽

ロシア民謡は切なくて好きですが、ウクライナの民謡もやっぱり切ないです。 このリュビストクという曲も名曲ですね。他に、伝統的なウクライナのクリスマスソングなどを集めてみました。どれも素晴らしいです。

Kissのジーン・シモンズが自信のレーベルを再活動させました。実は商魂逞しく企業家としても知られる彼の出身地は……。

KISSのジーン・シモンズが自信のレーベルを再起動

Kissのジーン・シモンズが自信のレーベルを再活動させました。実は商魂逞しく企業家としても知られる彼の出身地は……。

日本にはまだまだ知名度が低いウクライナ。東欧とロシアに挟まれた要衝にあり、ヨーロッパの穀倉地帯として、今後の国の発展が大変期待されている国です。国歌もあまり聴く機会がないですが、なかなか素敵です。他に、ウクライナの地元の […]

ウクライナの国歌、音楽を聴いてみる

日本にはまだまだ知名度が低いウクライナ。東欧とロシアに挟まれた要衝にあり、ヨーロッパの穀倉地帯として、今後の国の発展が大変期待されている国です。国歌もあまり聴く機会がないですが、なかなか素敵です。他に、ウクライナの地元の […]

1997年に「Never gonna give you up」をヒットさせたリック・アストリー(アスレイ)が、ニューヨークのパレードに登場し話題になりました。ここに来て再び人気が復活したその理由とは?

リック・アストリー再燃 あのヒット曲をみんなで歌う

1997年に「Never gonna give you up」をヒットさせたリック・アストリー(アスレイ)が、ニューヨークのパレードに登場し話題になりました。ここに来て再び人気が復活したその理由とは?

Young@heart

平均年齢80歳の実在するコーラス団Young@heartの歌には、何かがある。

Young@heart

みんな歌ってますね。途中からGive peace a chanceに。もちろん合唱です。4分25秒あたりから。

A Day In The Lifeも聴きたくなりました。2008年リバプールでのライブ

みんな歌ってますね。途中からGive peace a chanceに。もちろん合唱です。4分25秒あたりから。

途中からエリック・クラプトンです。

マッカのウクレレ版Something

途中からエリック・クラプトンです。

ケベック市400周年の記念ライブにて。ほとんどの曲をライブで合唱できる、ポール・マッカートニーです。 Hey Jude 4分すぎから大合唱 客席で歌うLet it be

Yesterdayをみんなで歌う客席の映像

ケベック市400周年の記念ライブにて。ほとんどの曲をライブで合唱できる、ポール・マッカートニーです。 Hey Jude 4分すぎから大合唱 客席で歌うLet it be

さわやかな名曲です。

Paul McCartney- Hope of Deliverance

さわやかな名曲です。

イギリスの民家にいるポール・マッカートニーが歌い出す〈ダンス・トゥナイト〉。ミシェル・ゴンドリーらしく、奇妙なキャラクターが登場、歩き回る、夢みたい、な感じです。 メイキング

マッカとミシェル・ゴンドリーが組んだPV

イギリスの民家にいるポール・マッカートニーが歌い出す〈ダンス・トゥナイト〉。ミシェル・ゴンドリーらしく、奇妙なキャラクターが登場、歩き回る、夢みたい、な感じです。 メイキング

どうしてこの頃の曲は、何度も繰り返し歌いたくなるのでしょうか。 ホームにて 1978年のライブ音源  玲子 貴重です…

中島みゆきのデビュー曲をもう一度

どうしてこの頃の曲は、何度も繰り返し歌いたくなるのでしょうか。 ホームにて 1978年のライブ音源  玲子 貴重です…

Mobyの名曲です。アルバム「Play」から。 2008年に出したアルバムLast NightからDisco Lies

Moby Why does my heart feel so bad?

Mobyの名曲です。アルバム「Play」から。 2008年に出したアルバムLast NightからDisco Lies

70年代の混迷期に作られたサイモン&ガーファンクルの「明日にかける橋 Bridge Over Troubled Water」。後にアレサ・フランクリンによってゴスペルとしてアレンジされ、アパルトヘイト時代の南アフリカなど […]

ゴスペルソングとして世界中で愛され続ける歌

70年代の混迷期に作られたサイモン&ガーファンクルの「明日にかける橋 Bridge Over Troubled Water」。後にアレサ・フランクリンによってゴスペルとしてアレンジされ、アパルトヘイト時代の南アフリカなど […]

衝撃的な”ノリ”のダンス。一度みんなで踊ってみたいです。1965年の「Gumnaam」というインド映画の中で流れる「Jan Pehechaan Ho」という歌。

衝撃の顔フリダンスは何度見ても飽きません

衝撃的な”ノリ”のダンス。一度みんなで踊ってみたいです。1965年の「Gumnaam」というインド映画の中で流れる「Jan Pehechaan Ho」という歌。

西暦1000年ごろからトルコにはロマの人々が住んでいるとのことで、ファスルと呼ばれる音楽が今に引き継がれています。一気にその世界にひきこまれる現地の映像です。 Bülent Ersoyというド派手な歌手がファスルの演奏で […]

トルコが見えてくる伝統音楽ファスルの映像

西暦1000年ごろからトルコにはロマの人々が住んでいるとのことで、ファスルと呼ばれる音楽が今に引き継がれています。一気にその世界にひきこまれる現地の映像です。 Bülent Ersoyというド派手な歌手がファスルの演奏で […]

スパンダー・バレエという80年代に活躍したイギリスのバンド。この曲「True」はヒットしたとのことで、どこかで聞いたことがある音ですね。当時ジャンルとしてはニュー・ロマンティック、ニュー・ウェイブと呼ばれていたようで、昔 […]

30代なら、どこかで聴いたことがある歌

スパンダー・バレエという80年代に活躍したイギリスのバンド。この曲「True」はヒットしたとのことで、どこかで聞いたことがある音ですね。当時ジャンルとしてはニュー・ロマンティック、ニュー・ウェイブと呼ばれていたようで、昔 […]

2009年にレディオヘッドが南アフリカでツアーをやるとアナウンスした模様です。新作「In Rainbows」で世界各地を回る予定ですが、メキシコやチリも含まれる大々的なものになりそうです。ビデオは「Reckoner」。C […]

レディオヘッドの2009年ツアーに南アフリカも決定。

2009年にレディオヘッドが南アフリカでツアーをやるとアナウンスした模様です。新作「In Rainbows」で世界各地を回る予定ですが、メキシコやチリも含まれる大々的なものになりそうです。ビデオは「Reckoner」。C […]

好きじゃない人もいっぱいいると思いますが、絶対売れると見込んで選んだキャッチーなサビはさすがです。

売れないわけにはいかない、ブリトニーの復活のキャッチーソング

好きじゃない人もいっぱいいると思いますが、絶対売れると見込んで選んだキャッチーなサビはさすがです。

ガンズも若い人は全然知りません。20日夜正式にmyspaceにて、ガンズの新作「Chinese Democracy」公開です。 http://www.myspace.com/gunsnroses

アクセルローズ、制作期間14年のアルバムをガンズ名義で発表

ガンズも若い人は全然知りません。20日夜正式にmyspaceにて、ガンズの新作「Chinese Democracy」公開です。 http://www.myspace.com/gunsnroses

ゾンビーな踊りに注目です。

最新ゾンビ系PV

ゾンビーな踊りに注目です。

「泣き声」で歌っています。

レオナ・ルイス Forgive me

「泣き声」で歌っています。

ポール・マッカートニーが将来、ボブ・ディランやデビッド・ボウイとコラボレートしたいと語っていることが18日明らかになりました。元KILLING JOKEのメンバーMARTIN “YOUTH” GLOVERがTHE FIR […]

ポール、「将来はボブ・ディラン、デビッド・ボウイと組みたい」と語る

ポール・マッカートニーが将来、ボブ・ディランやデビッド・ボウイとコラボレートしたいと語っていることが18日明らかになりました。元KILLING JOKEのメンバーMARTIN “YOUTH” GLOVERがTHE FIR […]

コールドプレイのクリス・マーティンが、30代半ばにたどり着く前に、音楽を辞めるかもしれないと語っているようです。18日のイギリスのヤフーニュースによると、「ロックスターは30代半ばまでに辞めるべきだ」と彼が語ったと報じま […]

コールドプレイ、解散時期を明言か

コールドプレイのクリス・マーティンが、30代半ばにたどり着く前に、音楽を辞めるかもしれないと語っているようです。18日のイギリスのヤフーニュースによると、「ロックスターは30代半ばまでに辞めるべきだ」と彼が語ったと報じま […]

ブラジル音楽界の大御所ミルトン・ナシメントのなるべく古い映像を探してみました。3分あたりの間奏の二人がかっこいいです。 デビュー時の名曲 トラヴェッシア ミルトン・ナシメントのライブが流れるテレビ画面を撮った映像 おそら […]

1976年のミルトン・ナシメント

ブラジル音楽界の大御所ミルトン・ナシメントのなるべく古い映像を探してみました。3分あたりの間奏の二人がかっこいいです。 デビュー時の名曲 トラヴェッシア ミルトン・ナシメントのライブが流れるテレビ画面を撮った映像 おそら […]

DJMagが選ぶ世界トップ100DJで1位になったのはアーミン・ヴァン・ブーレン(Armin van Buuren)。2年連続。ビデオは2008年7月19日、Loveparadeのパフォーマンスです。今年、この惑星でもっ […]

2008年、この惑星でもっとも人気のあるDJ

DJMagが選ぶ世界トップ100DJで1位になったのはアーミン・ヴァン・ブーレン(Armin van Buuren)。2年連続。ビデオは2008年7月19日、Loveparadeのパフォーマンスです。今年、この惑星でもっ […]

デヴィッド・ゲッタのTomorrow can wait。歌っているのはニューヨークのChris Willis。DJMagが選ぶ世界トップ100ハウスDJでは、2007年の10位から5位にジャンプアップしました。 ロンドン […]

DJ デヴィッド・ゲッタ Tomorrow can wait

デヴィッド・ゲッタのTomorrow can wait。歌っているのはニューヨークのChris Willis。DJMagが選ぶ世界トップ100ハウスDJでは、2007年の10位から5位にジャンプアップしました。 ロンドン […]

コンサート、マイラストソング(プロデューサーはアワライ企画人佐藤剛)は久世光彦さんの本を小泉今日子さんが朗読し、浜田真理子さんが歌うというスタイルでした。久世さんの文の中で、印象的だったのが、朧月夜のエピソード。敗戦で釜 […]

敗戦で引きあげる船で合唱となった朧月夜のエピソード

コンサート、マイラストソング(プロデューサーはアワライ企画人佐藤剛)は久世光彦さんの本を小泉今日子さんが朗読し、浜田真理子さんが歌うというスタイルでした。久世さんの文の中で、印象的だったのが、朧月夜のエピソード。敗戦で釜 […]