シリア化学兵器事件は、「使用方法に精通した人物によるもの」 米軍事評論家

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2013-08-22 16.23.14

 

米PBSが、21日に起こったシリアの化学兵器使用疑惑について専門家を呼び討論している。





その中で、軍事評論家のA.スミッソンが、「化学兵器に精通した者の仕業」と、シリア政府軍による使用の可能性を示唆した。

 

彼女によると、ロケットが撃たれたのは夜明け前。

気温が低く、風がないため、サリンやVXなどの神経ガスがその場に留まりやすい。

つまり、そういった使用方法を知っている者による犯行らしい。

 

また、彼女は今回の事件は規模が違うと力説した。

今までのシリアでの化学兵器が疑われる事例に比べて、被害者数が多い。

おそらく、化学兵器の輸送などが大規模に、大人数で行われた可能性があるという。

 

また、別の専門家は「長い間、反乱軍に支配されている地域をなりふり構わず奪還するというシリア政府軍の意気込みが感じられる」とした。

 

Similar Posts:

    None Found