天使のような犯人アマンダ・ノックスが自身のドラマ予告編を見て「吐きそう」

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan





イタリアの古都ペルージャで起きた「Foxy Knoxy」事件。
主人公はアメリカから留学してきた「天使のような」アマンダ・ノックス。
彼女が何をしたかは置いておいて、「アマンダ・ノックス」というTVドラマのキャストが発表され、それを見た彼女ががっくりしたそうです。

主人公役はヒーローズでヒロインを演じたヘイデン・パネッティーア。素晴らしい配役ですが、予告編を見た本人は吐きそうにさえなったそうです。

吐きそうになったのは、主人公のセックスシーン。

実際の事件は、アマンダ・ノックスがルームメイトの英国人メレデス・カルチャーに乱交を強要したことから始まります。
カルチャーがそれを拒んだのか、アマンダ・ノックスは自分の彼にカルチャーをレイプさせます。その後、刃物で殺害。

アマンダ・ノックスは犯人であるにもかかわらず「天使のよう」と容姿を形容され、全米やイタリア、イギリスは騒然となりました。

刑務所でアメリカのドラマの予告編を見た彼女は、アメリカにいる義父に電話で感情的になって言いました。「あんなイメージを見るだけで病気になる! 吐きそう!」

ドラマではカルチャーさんが床にしばりつけられ、ブラジャーを外され、男二人(一人は容疑者のコートジボアール人)にレイプされるシーンが生々しく描写されるそうです。

ノックスの弁護士は一応、TV局に苦情を言っています。

Similar Posts:

    None Found