「アリエッティ」の舞台はイギリスに残存していた GoogleMap

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.guardian.co.uk/

イギリスのガーディアンが「借りぐらしのアリエッティ」を紹介しています。
理由は、原作がイギリス人のため。
原作者のメアリー・ノートンは1903年生まれの児童文学作家。
彼女が1921年まで住んでいた家は今も残っていて、「借りぐらしのアリエッティ(ボロウワーズ(床の下の小人たち)」の舞台となったと伝えられています。
現在、ロンドンの北にあるレイトンバザーという小さな町にあるその家は、レイトン中学校の一部になっています。
下の地図の写真がそれで、チェダーハウスと呼ばれています。

大きな地図で見る





Similar Posts: