日本最高齢の芸者Asakusa Yukoを英ガーディアンが紹介

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/world/video/2014/jul/06/a-day-in-the-life-of-tokyos-oldest-geisha-video

http://www.theguardian.com/world/video/2014/jul/06/a-day-in-the-life-of-tokyos-oldest-geisha-video

 

ガーディアンが日本の90歳になる芸者を紹介している。

彼女は浅草ゆう子。芸者になって75年になる。

 

日本には1000人の芸者がいて、東京には216人。

彼女は100歳まで芸者でいたいと願い続けている。

 

 

以下、アマゾンより





【浅草 ゆう子】本名・菊池文
大正十二年二月四日、東京本所生まれ。数えの十三歳で浅草の芸者置屋
「新菊の家」に奉公にあがり、三年間の仕込みののち、十六歳で芸者に。
昭和十八年に二十歳で独立し、昭和二十七年には「新菊の家」の看板を譲り受け、
現在に至る。浅草おどり「浅茅会」では第一回から出演。長年、清元の立唄として
重要な役割を果たした。「三味線駒次、浄瑠璃ゆう子」のコンビで一時代を築く。
久保田万太郎、川端康成、田中角栄、美空ひばり、勝新太郎をはじめ、政財界から
芸能界まで各界名士の座敷を務める。小唄、清元、宮薗節、荻江節、大和樂名取。
小唄師匠。平成十三年度優良芸妓顕彰。現在、花街芸能継承師範。東京浅草組合の
技芸担当理事。気さくな人柄から街の人気者でもあり、都内最高齢の現役芸者として、
テレビ・雑誌に多数登場。

 

Similar Posts: