老後はオープンカーで。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

クロアチアのザダルというアドリア海沿いの街のホテル。

6月の少し早く来すぎた真夏の朝、駐車場でコンバチブルに乗る老夫婦を見た。

運転しているのは妻。

旦那はパナマ帽を被って、優雅な微笑みをたたえている。

 

クルマはBMW、たぶんZ4だ。

 

この二人は、おそらくドイツかイタリアから来て、アドリア海沿いをドライブしているのか。





その姿は、恐ろしいほどに「人生を楽しんでいる」というメッセージを発していた。

 

「老後の旅」という意味では、今の私に真似できない。

しかし、帰国後にDJデミオのクリスタルブルーマイカに乗り、毎回その夫婦の姿を思い浮かべている。

 

あの夫婦は、クルマから風景を楽しんでいるだろう。

ゆっくりと楽しみながらドライブしている。

 

もし、今から御徒町へ向かう道程で、ただ運転をしたら、まず仕事なので目的地に遅れまいと考える。

だから、時間が遅れるようなイベントには、少々イラッとするだろう。

風景は見慣れた東京のもの。

楽しもうとは思わないだろう。

 

それを、あのZ4夫婦のイメージに置き換える。

「時間は何も決まっていない。風景を見ながら、ゆったりと走ろう」

 

そう思うと、滅多なことでは腹が立たなくなり、少し笑顔になる。

外の風景を楽しみながら、ゆったりと運転できるようになる。

 

昨日の夕方、新型ロードスターを駆るカップルとすれ違った。

まあ結局は、カブリオレに乗ればいいのだと思う。

老後はきっと。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。