アン・ハサウェイが『On My Own』のパロディを披露したオスカー2011

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/Entertainment/anne-hathaways-evolution-princess-oscar-front-runner/story?id=18223749
http://abcnews.go.com/Entertainment/anne-hathaways-evolution-princess-oscar-front-runner/story?id=18223749

 

『レ・ミゼラブル』で助演女優賞を獲得しそうなオスカー候補アン・ハサウェイ。

『プリティ・プリンセス(The Princess Diaries)』から始まった彼女のサクセス・ストーリーを、ABCが振り返っている。

 

突然、自分が王女だということが判明するディズニーらしい映画でデビューした彼女。

その後はさらに王女役を演じ(Ella Enchanted「魔法にかけられたエラ」日本未公開)、まさにタイプキャストの呪縛が始まったかのようだった。

 

アン・ハサウェイは、ゴールデングローブの受賞時にそのことについてふれている。

「私はサリー・フィールドに感謝したい。彼女はフライング・ナン役(1967-1970のテレビドラマ)からキャリアをスタートさせた。それがどれだけ私を勇気づけてくれたかわからない。彼女はその後、ノーマ・レイにもなったり、ガンプのママにもなったし、リンカーンの妻にさえなった」

 

アンはその後、『ブロークバック・マウンテン』で演技派の道を模索する。





トップレスのセックスシーンも演じた。

彼女は iVillage UKに「私は今までにクリエイトした何よりも、この映画に誇りを持っている。『プリティ・プリンセス2』が終わって私は、何かまったく違うことをする用意ができていた。女優として、この快適なゾーンから抜け出そうとしていた」

 

そして、『プラダを着た悪魔』に彼女は到着する。

しかし、この役はプリンセス役から少し成長しただけで、女優としての大きなステップアップにはならなかった。

そして、『Rachel Getting Married』でついにオスカーにノミネート。ゴールデングローブでもノミネートされたが、どちらも受賞には至らなかった。

彼女はこの映画で、リハビリ施設から抜け出し姉妹の結婚式に向かう「バッドガール」を演じた。

「プリンセスから8年間、他のあらゆる種類の役をゲットしなくてはならなかった」と彼女はGlamour誌に語っている。「でも、私はそうやって戦うのが好き。一度役をとると、スクラップから抜け出して栄光を勝ち取ったような気分になるの。オーケー、この役は私のものよ。やったわ」

 

次は『Love and Other Drugs』で、再びジェイク・ギレンホールと恋に落ちる役。

そして、数え切れないほどのセックスシーン。

この役について正直、彼女は快適ではなかったと告白している。

 

2011年にはアカデミー賞最年少ホストを務めるものの、ジェームス・ブランコのやる気のない感じが不評を受ける。

「未だに全部をまだ観てないし、誰も(悪く書いている)記事を見せない。でも、クリップをちょっと観たときに、ミステイクに気づいて自分自身に頭に来た」

不評ではあったが、この晩にパロディで歌ったあの歌が、後の人生に繋がっているとは…。

 

そして彼女は、大作『ダークナイト・ライゼズ(ライジング)』を経て『レ・ミゼラブル』へ。

『レ・ミゼラブル』の予告編ではアン・ハサウェイの歌を使用。その高い評判はご存じの通り。

主役のヒュー・ジャックマンはミュージカル経験があるが、経験のないアンには高いハードルではなかったかと不安視されていたが、実は「経験」ならあった。

あのアカデミーホストの日、彼女は『レ・ミゼ』の『On My Own』を歌っていたのだ。口パクで歌詞も変えていたが。

そして、彼女が「歌える」ことを世間に知らしめたのだった。

 

映画の役が決まったのは、それから数ヶ月後の6月から9月のことだった。

 

歌詞

“On my own/ ‘Cause someone’s a huge jacka**/ I won’t say who/ Thought Australians were our allies/ It turns out Down Under’s kind of shady/ Not you, Nicole, or not any other Aussie but just one/ Who shall not be named.”

会場にいるオーストラリア人のヒュー・ジャックマンをjackass(まぬけ)にかけていて、彼も笑っている。

そして二人は後に共演した。

 

Similar Posts: