ピストリウスの恋人Reeva 最後の笑顔写真が公開される

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2283822/Last-picture-Reeva-shows-smiling-Valentines-Day-arrives-Pistoriuss-home.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2283822/Last-picture-Reeva-shows-smiling-Valentines-Day-arrives-Pistoriuss-home.html

 

この写真は、彼女が射殺される数時間前。

事件が起きるバレンタインの前日に、監視カメラで記録されたものだ。

ピストリウスの自宅に車で到着した彼女は笑顔を見せている。

なぜこの数時間後に、「誤射(ピストリウスが主張)」されたのか。

 

 

画像がキャプチャされたのは、ピストリウスの住む高級住宅街シルバー・ウッズの入り口。





ミニクーパーに乗った彼女が夕方6時に到着したときのもの。

10分後、ピストリウスの乗った白いBMWが到着している。

 

23日、その映像が現地南アフリカのテレビで放送された。

放送では、近所の住民が事件発生時の様子を語っている。それによると、相当な大声で口論があり、その直後に怒鳴り声と叫び声を聞いたという。

 

暗闇でバスルームにいる人影を泥棒だと思って撃つ。

などという状況はありえない。

撃ってから寝室に戻り、彼女がいないのに気づいたという状況もほぼ存在しないからだ。

普通はバスルームにいるのはReevaだと思うはずで、声をかけて確認すれば済む話。

そもそも、暗いバスルームでReevaは何をしていたというのだろうか。

 

また、24日、警察は遺族に対して、血まみれのクリケットバットについて伝えたという。

これは捜査初期段階から指摘されていたもので、ピストリウスは発砲の前に、クリケットで彼女の頭を粉砕していたというものだ。

 

 

 

Similar Posts: