人間は海洋の5パーセントしか知らない 世界最大級火山発見で

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan





 
日本近海で見つかった「タム・マシフ(Tamu Massif)」という世界最大級の火山について、CNNも記事にしている。

 

この火山を発見したチームのリーダー、ウィリアム・セイガー(ヒューストン大学)によると、火山は米ニューメキシコ州の大きさを持ち、太陽系最大(12万平方マイル、31万平方km)。

ハワイのマウナロアは約2000平方マイルだから、地球では比較にならないほどダントツだ。

 

年齢は1億4500万年。

場所は日本の東方約1600kmの海底で、高さは2.2マイル(3541m)で太陽系2番目。

 

今になってこんな巨大物が見つかったのはなぜかというと、人間は海洋のわずか5パーセントしか探検できていないかららしい。

だから、未知の生物も失われた遺跡も、まだまだ発見の可能性はあるのだ。

 

Similar Posts:

    None Found