銃乱射犯人は『ハンガーゲーム』アシスタント・ティレクターの息子だった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


大学生クリス・マイケル・マルティネスは、エリオット・ロジャーによる銃乱射の最後の犠牲者だ。

金曜日夜9時30分。

彼はIV Deliという食料品店に入ろうとする瞬間、外から銃を乱射したロジャーによって撃たれた。

 

ロジャーは店の前にBMWを止め、窓を開けて発砲を始めたという。

多くの生徒がこの店に避難するために飛び込み、店の多くに逃げていく様子が監視カメラに捉えられている。

 

レジの上のカメラでは、斃れたマルティネスを見て必死に救急電話をかける女性が映っていて生々しい。

マルティネスは店の前で倒れていたらしい。

 

 

 





ロジャーはアパートで5人を殺害し、この店でマルティネスを殺害した。マルティネスは来年の卒業後、イギリスに法律の勉強で留学する予定だった。

父親はすぐに現場にかけつけ、店の中で倒れていた息子に対し、45分間話しができたという。

 

犯人のロジャーの素性も次々と明らかになってきた。

なかでも衝撃的だったのは、彼がハリウッド制作陣の息子だったこと。

父親の名はPeter Rodgerで、あの『ハンガーゲーム』のアシスタント・ティレクターだった。

そのため、ロジャーは映画のプレミアなどに参加していて、上の映像ではスタローンと同じ舞台にいる。

 

 

Similar Posts: