《夜と霧》 アウシュビッツのあかね色。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

ナチス時代。

秘密の軍事工場がバイエルンの森に建設されていた。

収容されていたユダヤ人フランクルは、夕陽の光が木立に沈むさまを見ていた。

「まるで、デューラーの水彩画のようだ」とつぶやいた。

 

ある日は、労働で疲れ果て、スープの椀を片手に土の床にへたりこんでいたとき。

誰かが走ってきて、「外に出ろ!」と叫んだ。

 

外には、夕陽で赤く燃え上がる西の空があった。

「この世のものとは思えない色合い」と彼は感じた。

誰かが言った。





「世界はどうしてこんなに美しいんだ!」

 

 

これは、比較的豊かで文化的な暮らしから一転、番号で呼ばれる尊厳なしのアウシュビッツ収容所生活を描いた《夜と霧》に描かれていた物語だ。

すべてを削ぎ落とされ、感情をも削ぎ落とされるという収容所生活で、彼らはあかね色の夕陽に心を奪われていた。

 

《夜と霧》を読むとき、いつもこの場面を読み返す。

「壕のなかの瞑想」という章だ。

 

収容所の彼らは、以前の生活でも美しい夕陽に出会っていたはずだ。

それなのに、なぜ収容所で心奪われたのか。

 

ユダヤ人は都市生活者だったが、やはり都市では夕陽に会うことは難しい。

「東京でも夕陽は見える」

という人はいる。

 

厳密には西東京だが、実際は、ほとんど見えていない。

早いうちに、建物に隠れてしまうからだ。

 

だから、私たちも西に目を向けたほうがいい。

少しでも夕空、薄明を見るためだ。

そのために、

 

夕方、西の空にあかね色に染まる雲を見つけたら、なるべく高いところにのぼる。

 

それができないのなら、西に向かって抜けている道を探す。(季節によって太陽の角度が違う)

 

川、崖線は遭遇確率が高い。

 

東の人なら、埋め立て地(お台場含む)で問題ない。

 

実際は、夕方に移動するのは難しい。

夕方は生活のために動いていることが多く、会社にいたり、食事の準備をしている。

 

ただし、それでも夕陽を見ることは、心を満たし、あなたの人生に大切な瞬間となることは間違いない。

その回数を増やそう。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found