マンハッタン、環境に優しい「グリーンマンション」登場

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

オフィシャルサイト


2階分はある天井に全面の窓、テラス。
70%まで完売したマンハッタン、マレーヒルの新築コンドミニアム「303E33RD」です。

売りはマレーヒル初のグリーンマンション。LEEDと呼ばれるグリーンマンションの設計機能が採用されています。
屋根はヒートアイランド対策で75%が植物と光反射材で覆われ、建物内の冷暖房は他の住宅よりも15%省エネ。
床は収穫しても周囲の環境にダメージが少ない竹を使用。他にもいろいろな部分に竹が使われています。
もちろん家電製品も省エネモデル。内装は汚染物質の少ない材料を使用。
トイレはTOTOの水量の少ないモデルです。





マレーヒルは簡単に言うと、セントラルステーションの右下のほう。
フィフスアヴェニューにも近いです。

フロアプランはワンルームから3ベッドルームまで様々で、日本のように家族向け、シングル向けと一括りにできません。

値段を聞くのはやめておきましょう。

アドレス
303 east 33rd street, New York, NY 10016

Similar Posts: