サンダカン死の行進を思わせるゴーストが…?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2209468/Does-image-ghosts-WWII-prisoners-death-march-Former-Army-Officer-takes-haunting-image-route-took.html

 

日本軍によって捕虜にされた敵兵が、行進で多く死亡したという話(死の行進 death march)はよくあるが、それに関する奇妙な写真が英デイリーメールで話題になっている。

撮影されたのは、ボルネオのジャングル。

写真には、道を横切る人影のようなものが映っている。

 

実は、ここは1945年、まさにデスマーチが行われた場所。





2400名の英、オーストラリア兵がサンダカン収容所から160マイルを行進。6名だけが生き残った。

兵は極度の疲労と飢餓、殴打、銃剣によって死亡したという。

 

引退した陸軍将校ジョン・タロックは、2010年にその悪夢の道を再訪し、写真を撮った。

そして、そこに映っていた影は、まさにそこで行われたサンダカン死の行進(Sandakan Death Marches)を思い出させるものだった。

 

彼は車の中から撮影したため、タオルか何かが映ったのかもしれない。

 

生き残った6人はラナウの町に到着することができた。

これは、日本軍が行ったオーストラリア軍に対する唯一最大の虐殺行為とされている。

日本兵は数百名が死亡した。

 

 

 

 

Similar Posts: