中国に部品を発注したせいで大量リコール 英ブラック・キャブタクシーの生産会社が経営破綻

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.france2.fr/

 

ロンドンのブラック・キャブタクシーは、観光には欠かせない移動ツールだが、生産を中国に任せてしまったことで大問題となっている。

 

生産コストを下げるために、部品のほとんどは上海の工場で作られているのだが、それがあだとなった。

見事なまでに欠陥品が続出したのだ。そのため、コベントリーの本社は、2万台をリコール。

リコールでは、部品を自社負担で取り替えなくてはならない。また、早急に取り替える必要があるため、高い部品メーカーに発注しなければならない。そのせいで、会社はついに経営破綻に追い込まれてしまった。今後に関しては誰も何も分からない状況だ。

 

このまま会社はなくなり、ブラック・キャブは消えてしまうのか。

 

 

 

F2の放送では、ブラック・キャブの運転手にインタビュー。

車に対する批判コメントが集まった。

「エンジンは故障してばかり」「悪質のエンジンだ。ひどい車を造っている」

 

こんな調子だから、今、ロンドンはドイツ製のタクシーが増え続けている。

 

ブラック・キャブを生産していたのは、マンガンズ・ブロンズという会社で、1948年からブラック・キャブを造り続けてきた。

ブラック・キャブの生産コストは1台3万ユーロ。独特の作りのため、少々割高だ。

そのせいか、3年ほど前にすでに経営破綻の前兆があり、その際に安い部品を得るために中国に発注をかけたのだった。

CEOジョン・ラッセルは、10月頃、救済のための交渉を各地で続けていたが、いずれも上手くいかなかった。

20パーセントの株を持つ中国の吉利との交渉も決裂した。

 

 

さようならブラック・キャブ。中国にはもう二度と部品は発注しない…(英国民)。

 

 

http://www.guardian.co.uk/uk/video/2012/oct/26/london-cabbies-black-taxi-video?INTCMP=SRCH

 

Similar Posts: