布とアイロンで描くエリザベス・テイラー。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2620585/Artist-creates-portraits-scrunched-fabric-household-iron.html#i-d771039a0bb93e63

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2620585/Artist-creates-portraits-scrunched-fabric-household-iron.html#i-d771039a0bb93e63

 

このエリザベス・テイラーがどのようにして描かれているのかというと、生地とアイロンの二つが使われている。

濃い部分は折って、アイロンをかける。





それを繰り返すことで、このしっとりしたアートが完成する。

 

作ったのはBenjamin Shineというロンドン生まれのアーティスト。

10メートルから50メートルの布が使われるが、彼は学生時代に床に転がっていたチュールのボールを見て、そのポテンシャルに気づいたという。

 

絵のポイントはハーフトーンだから、布はハーフトーンを作りやすい。

だから、一見大変そうな方法だが、案外理にかなっているのかもしれない。

 

Similar Posts: